2016年04月23日

イラン予習編 〜イランを知るための本〜


securedownload.jpg

来週からイランに行ってきます。

イランは、イスラム教シーア派が大勢を占める国。

ちなみにイスラム教の2代宗派は「スンニ派」と「シーア派」。

と言っても、「スンニ派」が圧倒的多数を占めます。

イスラム教徒の約90%は「スンニ派」です。

で、少数派が「シーア派」です。

でも、イランでは「シーア派」が主流です。

イラン国民の約90%が「シーア派」です。

そんなこともあって、特に最近では、「スンニ派」が大勢を占めるサウジアラビアやUAEと少し仲が良くないようです。

「シーア派」が主流を占める国に訪問するのは初めてです。

「スンニ派」と「シーア派」では、歴史はもちろん、祈り方や信仰スタイルなども違うようです。

これは、事前にイランについてお勉強をして、失礼のないようにしなければなりません。

ってことで、イラン旅行の予習用に読んでいる本をご紹介します。


■イラン・ペルシア日記

0000000193312.jpg

イランの旅行記です。夫婦でイランを旅行した時の様子を本にしていますが、目の付け所が面白いし、イラン人への愛情が感じられて、イランに旅するのが楽しみになってしまいます。この夫婦はウズベキスタンの旅行記も出版していますが、そちらもかなり面白いです。

『イラン・ペルシア日記』をチェック


■ペルセポリス



イラン人少女マルジの視点で、イスラーム革命、イラン・イラク戦争などを描いたマンガです。2007年にカンヌ映画祭審査員賞受賞映画を受賞した『ペルセポリス』の原作です。作者自身の体験を描いたものなので、イラン人の考え方が垣間見れて興味深いです。

Amazonでチェック
楽天市場でチェック


■イラン 〜世界の火薬庫〜



イランの歴史や最近のお国事情などを知ることができるイラン入門書です。イランという国が、どのような行動原理で国際社会において活動しているのかをざっと知ることができてとても勉強になりました。

Amazonでチェック
楽天市場でチェック



国際的に孤立していて、常に大国と対峙している印象が強いイラン。

それでも、この国を旅行した人たちは、口を揃えて「人々が優しい、本当にいい国だった」と話します。

そんな、なんだ不思議な国イラン。

訪れるのが本当に楽しみです。


→amazonで「イラン」を探す
→楽天市場で「イラン」を探す
→スカイスキャナーで「イラン」の格安航空券を探す



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
タグ:イラン
posted by えちご at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

イラン予習編 〜イランを知るための映画8選〜


昔からイランの映画が好きでして、そんなことも私がイランに憧れる理由のひとつです。

イラン人は、古代ペルシアの時代から有名な詩人が多いことからもわかるように、内省的で詩的な素養を持った方が多いようです。

なので、イラン映画は、とても繊細で、哲学的で、人間愛に溢れていて、絵画的な作品が多いように思います。

今回は、イラン予習編としてイラン映画をご紹介します。

まずはイラン映画の巨匠アッバス・キアロスタミの監督作品から。


■友だちのうちはどこ?(1987年/監督:アッバス・キアロスタミ)



恐らく、私が初めて観たイラン映画はこれです。少年が友人にノートを返すために右往左往するだけの映画ですが、とてもスリリングで、かつ観終わった後に「あぁ、人間っていいなぁ。誰かに親切にしたいなぁ。」なんて思ってしまう映画でした。

→Amazonでチェック


■桜桃の味(1997年/監督:アッバス・キアロスタミ)



カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した作品です。こちらは中年男が彷徨うお話。ただ、こちらの中年男が彷徨う理由は、「自殺した自分に土をかけてくれる人を探す」ため。自殺の手助けを依頼しながら、「生と死」をテーマに様々な人と語らう内容なのですが、不思議と悲壮感は無く、逆に「生きる幸せ」みたいなヤツを感じちゃう映画でした。

→Amazonでチェック


続いて、これまた巨匠のマジッド・マジディの監督作品。


■運動靴と赤い金魚(1999年/監督: マジッド・マジディ)



モントリオール世界映画祭でグランプリを獲得した作品です。修理を終えた妹の靴を無くしてしまった少年が、それを親に内緒にしながら、なんやかんやと健気に奮闘するお話です。「靴が無くなったら買い直せばイイじゃん」ってほど裕福なお国事情では無いイラン。だからこそ、ちょっとした出来事でも、愛のあるストーリになっちゃうのかもしれません。

→Amazonでチェック


■少女の髪どめ(2001年/監督: マジッド・マジディ)



工事現場でケガをしたアフガン難民の代わりに働くことになった、その難民の小さな息子。力仕事ができないその息子は、炊事や洗濯の係りに回されます。代わって力仕事に現場に変更させられたイラン人の青年。不満ブーブーな青年は、ある日、そのアフガン難民の息子が、実は少女であることを知ります。「小さな恋の物語」ってなストーリーですが、そこにはイランならではの難民問題や、宗教的な文化などの背景が織り込まれていて、とても深くて、繊細で、優しい作品に仕上がっています。

→Amazonでチェック


続いては、近代イラン映画の旗手とも言うべきアスガル・ファルハーディーの監督作品。


■別離(2011年/監督:アスガル・ファルハーディー)



ベルリン映画祭で最高賞である金熊賞を含む3部門を受賞した作品です。上記2監督の作品が、人間愛をテーマに描かれているのに対し、この作品は「倫理観」だったり「自尊心」などがテーマとして描かれています。それだけに、物語はとても入り組んでいて、観ていてヒリヒリした感覚を覚えます。物語には、イランの文化的・宗教的な背景が溶かし込まれていて、イランを舞台にしなければ描くことができない内容になっていますが、それでいて普遍的なテーマが骨太に語られています。世界的な評価を受けているのも納得の作品です。

→Amazonでチェック


■彼女が消えた浜辺(2009年/監督:アスガル・ファルハーディー)



ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞した作品です。この監督の作品は、ベルリン映画祭受けがイイですね。ストーリーは、カスピ海のリゾート地での女性失踪事件のお話。バカンスに出かけた男女のグループの中の女性一人が突如として姿を消す。しかし何故か、その女のフルネームや住所などは誰も知らない。物語の冒頭から流れる不穏な空気。そして謎だらけの展開。なんか、ずっと嘘を付かれているような感覚を観るものに与え、そして、その不穏な空気は、少しずつ輪郭を帯びてくる。この作品も、「別離」同様に、倫理観をテーマの一つに据えていて、やっぱりピーンと張り詰めたテンションでストーリーが展開するのですが、その謎の展開の原因が、イラン人ならではの宗教観だったり倫理観だったりして、とても興味深い内容になっています。

→Amazonでチェック


続いてはバフマン・ゴバディの監督作品です。この監督は、アッバス・キアロスタミの助監督だった人です。


■ペルシャ猫を誰も知らない(2009年/監督:バフマン・ゴバディ)




第62回カンヌ国際映画祭の「ある視点部門特別賞」受賞作です。1979年のイラン・イスラム革命以来、西洋文化の規制が厳しいイラン。イランではポップミュージックの演奏は禁止されています。そんなイランの首都テヘランを舞台に、ロックを愛するイラン人のミュージシャンたちを描いた作品です。勿論、この映画の撮影をイラン政府は認めるハズはなく、バフマン・ゴバディ監督は政府の許可を得ずにこの映画を撮影。主役の二人は撮影終了の4時間後にイランを脱出し、バフマン・ゴバディ監督自身も、この作品を完成させた後にイラクのクルド人自治区に亡命しています。とても厳格なイスラム教の国といったイメージの強いイラン。でも、テヘランに住む若者は、日本に住む僕らと同じように、ロックが好きで、シガーロスが好きで、国に不満を持っていて、明るく生きています。謎の国イランの実情を垣間見れる映画にもなっています。

→Amazonでチェック


最後に、アニメーション作品をご紹介。


■ペルセポリス(2007年/監督:マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー)



昨日のエントリーでも紹介した漫画『ペルセポリス』を原作にしたアニメーション作品。第60回カンヌ国際映画祭「審査員賞」の受賞作です。イスラム革命、イラン・イラク戦争を体験したマルジャン・サトラピ自身の半生を描いた、真実の物語です。「ペルシャ猫を誰も知らない」同様に、この物語に映し出されるのは、僕らと同じようにマイケル・ジャクソンやアイアン・メイデン、パンク、ブルース・リーが好きなイラン人少女の日常。地政学的に要となる場所にあり、大国に翻弄されて数奇な運命を辿る国と、偶然にもその船に乗り合わせてしまった国民。それでも、元気に、ユーモラスに生きる主人公の姿を観て、「人間ってスゲーなー」って素直に思えてしまいます。

→Amazonでチェック


来週、実際に見ることになるテヘランの街並み。

「映画とは、どう違って見えるんだろう」なんて考えると、楽しみでなりません。


→amazonで「イラン」を探す
→楽天市場で「イラン」を探す
→スカイスキャナーで「イラン」の格安航空券を探す




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

タグ:映画 イラン
posted by えちご at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

イランに行ってきた!


ずーーーっと行きたかったイラン。

でも、クレジットカードが使えないとか、英語が通じにくいとか、夏暑くて冬寒いとか、お酒が飲めないとか、経済制裁食らってるから飛行機が落ちそうとか、イスラエル入国歴があると入国できないかもしれないとか、アメリカに渡航しにくくなるとか、いろいろと懸念事項があって行ってませんでした。

でも、満を持してですよ、行ってきましたよ、イラン・イスラム共和国!

P5043846.jpg

日程は2016年4月28日(木)〜5月9日(月)の12日間。

旅の目的は、「イスラム建築を観倒す」「イスラム教シーア派の人々の生活を感じる」「世界遺産巡り」の3つ。

航空券は1ヶ月半前の3月12日に予約しました。

往路はUAEのドバイ経由、帰路はカタールのドーハ経由で125,283円(税込)。

航空券予約が少し遅かったことと、(微妙にずらしたけど)ゴールデンウィークってことで、やや値が張りました。

日程と順路は以下の感じ。

4/28 :深夜00:30出発 from 羽田→ドバイ(半日観光)→テヘラン
4/29 :テヘラン観光→シーラーズへ(夜行列車で15時間)
4/30 :シーラーズ観光(夜から食中毒発症😵 )
5/1 :ペルセポリス観光(午後は寝込む@シーラーズのホテル)
5/2 :シーラーズからヤズドへ移動(バスで6時間)
5/3 :ヤズド観光→ヤズドからエスファハーンに移動(バスで3時間)
5/4 :エスファハーン観光
5/5 :エスファハーン観光
5/6 :エスファハーン観光(夜行バスでテヘランに移動6時間)
5/7 :テヘラン観光
5/8 :お昼の12:35出発 from テヘラン→ドーハ(半日観光)
5/9 :02:40出発 from ドーハ→成田に到着(18:40)

↓こんな感じの順路。
IranMap_trip.jpg

残念だったのは、イラン入国早々、食中毒になったこと!

そのため、イラン滞在中はイラン料理を充分に堪能できませんでした…(身体が受け付けてくれなかった)

それでも今回の旅は、超インフレ状態の物価に翻弄されたり、断酒に2週間耐えたり、クレジットカードが使えない不便さに辟易したり、英語の看板が無いことに苦労したり、偶然にも鶴田真由に遭ったり、エスファハーンのエマーム広場の美しさに震えたり、ペルセポリスで悠久の歴史に思いを馳せたり、鏡張りモザイクのモスクに驚愕したり、イラン人の優しさに触れたりと、本当に印象深いものになりました。

行ってよかったぞ!イラン!

ヘイリー・マムヌーン(ありがとう)!イラン人!

明日以降、そんな今回の旅の記録を徒然なるままに綴ってみようと思います。


→amazonで「イラン」を探す
→楽天市場で「イラン」を探す
→スカイスキャナーで「イラン」の格安航空券を探す




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

心配!イラン入国ビザ取得@空港(UAE→イラン)


「あんまり美味しくないなぁ」なんて思いながらも「ラクダバーガー」を平らげた後は、旧市街のスーク(市場)を抜けて「ドバイ・クリーク」へ。

P4282751.jpg

「ドバイ・クリーク」とは、ドバイ発展のもとになった入り江です。

ここで、お気に入りの渡し舟に乗って対岸のメトロステーションへ。

P4282760.jpg

ドバイ・クリークで冷やされたドバイの乾燥した空気が、なんとも心地良いです。

運賃は2Dhs(60円くらい)だったかな。とにかく激安です。

んで、メトロに乗って再びドバイ国際空港へ!

↓ドバイメトロの入り口
P4282763.jpg

予定通り14時には空港に戻ることができました。

P4282765.jpg

16時出発のEK979便ボーイング777-200ERに搭乗し、いざイランの首都テヘランへ!

P4282767.jpg

映画「アルゴ」では、飛行機がイラン領空に入った直後「当機はイラン領空に入りましたので、全てのアルコール類を回収します」といって飲みかけのウィスキーをCAが回収するシーンがあったので、「そんな感じになるのかな」なんて少し期待していましたが、着陸直前までアルコール飲み放題でした。

それどころか、赤ワインを頼んだら、CAさんがミニボトルを2本もくれたりして。

「入国したらアルコール飲めなくなるから、今のうちに飲んどいて」って意味だったのかなぁ。

そんなこんなで、2時間15分を経て飛行機はイマン・ホメイニー国際空港に無事着陸。

女性は、そそくさとヒジャーブやチャードルなど、着用が義務付けられている着衣を身につけ飛行機を降りていきます。

明らかに、「違う世界の入り口」といった雰囲気です。

空港もなんだか薄暗いし。

ここで最初の関門「ビザ取得」です。

ここでビザが発行されなければ、強制送還です!

しかも私はイランの敵国イスラエルへの渡航歴があるのでちょっと心配…

「サラーム」と笑顔で挨拶し、ビザの発行カウンターでパスポートを渡します。

「座って待て」と、かなり怪しい英語で指示を受け待機。

一瞬、イスラエル入国時に3時間の尋問を受けたことが頭をよぎります。

待つこと20分ほど。

名前を呼ばれ、なにやらメモ用紙に「100ユーロ」と書かれた紙を手渡され、「あの窓口で金払え」とのお達しを受けました。

どうやら入国審査に通過した模様です。

窓口で並んでいると、別の係官がやってきて「キミ、日本人?」と聞かれたので「Yes」と答えたら、「ゴメン、間違えた、キミはこっち」と「60ユーロ」と書かれた紙を手渡されました。

どうやら中国人の場合はビザ代が100ユーロで、日本人の場合は60ユーロのようです。

なんだか、中国人よりも日本人の方が歓迎されている感じがして、ちょっと嬉しいです。

その後、別の窓口で、パスポートにビザをペタッと貼られて、スタンプを押されて、無事にビザをゲット!

P4292772.jpg

入国審査でも、特に質問など受けることもなく「Welcome to IRAN!」という歓迎の言葉とともに通過。

呆気なくて、むしろ治安が心配になりましたが、ともあれ、いよいよイランの旅の始まりです!


→amazonで「イラン」を探す
→楽天市場で「イラン」を探す
→スカイスキャナーで「イラン」の格安航空券を探す




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

ヤヤこしいわっ! イランの通貨と物価(イラン/テヘラン)


イランに入国して、まずは両替です。

だいたい空港の両替レートは悪いので、50ユーロ分だけ両替。

ここで最初のハードルが立ちはだかりました。

何しろイランは超インフレ国家。

50ユーロを両替すると、160万リアルくらいになります。

お札の数字の数が多すぎて、よくわからないw

しかも、1年単位でインフレが進むから、「地球の歩き方」が全然あてにならないw

もうね、「地球の歩き方」に書かれている物価の2倍とかするから、いろいろな物の値段が、妥当なのかボラれているのか判断が付き難い!

空港を出て、タクシーのおっさんがやってきて、タクシーの交渉をするも、ホテルまでは「75thousand」だと。

これ「75thousand=7.5万リアル」って思うじゃないですか。

これだと270円くらいなんですよ。

でも、ホテルについたら、それは「75万リアル=2,700円くらい」だったことが判明して。

ややこしいのが、イランは「トマン」と「リアル」という貨幣単位があることでして。

1トマン=10リアルなんですけど、お札には、リアルの単位で書かれているワケなんです。

で、イランの人々が値段を言うときには、「リアル」では無く「トマン」の単位で言うことが多いのです。

そんなこともあって、「75thousand=7.5万リアル」ではなく「75thousand=7.5万トマン×10=75万リアル」となるワケです。

ヤヤこしいわっ!

結局、この通貨マジックみたいなのに苦しめられて、旅の前半はもう、ボラれてるんだか、ボラれてないんだか解らない感じで、「あ、さっきボラれたんじゃん!」とか思って一瞬怒るんだけど、よく考えると妥当な値段だったりして。

かなり右往左往させられました。

初日は、「Iran Central Hotel」に宿泊。

P4292773.jpg

このホテルだけは日本から予約しておきました。

一泊50ドルです。

ホテルには、ハメネイ師の写真が。そしてそのバックにはホメイニ師の写真。

P4292777.jpg

そして部屋番号の表記が算用数字ではなく、ペルシャ語表記。

「イラン来た」って感じです。

シャワーを浴びて、ホテルの周りをちょっと散歩。

テヘランの街の最初の印象は、「バイクが多い!車が多い!人が多い!クラクションがうるさい!」。

ホテルの近くにあったフルーツジューススタンドに多くの人が群がっていたので、私もならんでバナナシェイクを注文。

P4292776.jpg

これは「3,000トマン」。なんで「3万リアル=110円くらい」。

これはかなり美味しかった!

ベンチに座って飲んでいたら、隣のイラン人に英語で話しかけられたりして。

何より他人との間の垣根が低いのが、イスラム圏の旅の楽しさ。

否応なしに旅情が掻き立てられた、そんなイラン初日の夜なのでした。

→amazonで「イラン」を探す
→楽天市場で「イラン」を探す
→スカイスキャナーで「イラン」の格安航空券を探す




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする