2014年09月30日

5日目:ぶらりリーガ散歩(バルト三国旅行記:ラトビア/リーガ)


ラトビアの首都リーガは、バルト三国の中でも突出した大都市。

とは言え人口は70万人。

日本で言うと、相模原市、静岡市とか岡山市くらいの都市の規模だそうです。

13世紀末にハンザ同盟に加盟して発展したリーガ。

その後、ポーランド・リトアニア連合国、スウェーデン、帝政ロシアの支配下の時代を経て、1991年8月21日にラトビアが独立を宣言して以降は、首都として発展した街です。

リーガの旧市街は、「リーガ歴史地区」として1997年に世界遺産として登録されています。

旧市街の見所はほとんど徒歩圏内に集中しているので、散歩をしながら1日で観て回ることができました。

↓リーガ大聖堂
P8124786.jpg

↓聖ペテロ教会の塔
P8124830.jpg

↓聖ペテロ教会の塔から観るリーガの街並み
P8124839.jpg

↓聖ヨハネ教会
P8124769.jpg

↓ブレーメンの音楽隊の銅像
P8135011.jpg

↓ブラックヘッドの会館
P8124796.jpg

P8124803.jpg

↓市庁舎広場
P8124811.jpg

↓ラトビア占領博物館
P8124820.jpg

↓猫の家
P8124848.jpg

↓三人兄弟
P8124790.jpg

↓自由記念碑
P8134980.jpg

P8134983.jpg

↓救世主生誕大聖堂
P8134986.jpg

↓ピルセータス運河と遊覧船
P8134994.jpg

しかし、リーガで宿泊したホテル、4人部屋のドミトリーだったのですが、なかなか最悪でした。

というのも隣のベッドのベトナム人カップルの女。

夜な夜な大きな音を出してベトナム語のバラエティ番組をiPadで観て、しかも大声で笑う。
かと思えば、Skypeでベトナム語で話し出す。

旅先でベトナム人に会うことはあまり多くないのですが、ベトナム人ってこんな感じなのかなぁ。










この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラトビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

6日目:リーガの中央市場に行ってみた(バルト三国旅行記:ラトビア/リーガ)


リーガでも中央市場に出かけました。

リーガの中央市場は、国際線バスターミナルの脇にありました。

リーガの中央市場は佇まいが独特。

巨大なドームの建物が5棟並んでいて、その中が市場になっています。

これまで行った国々の中央市場の中でも、特に規模の大きな市場でした。

P8134938.jpg

P8134946.jpg

市場の中には、ビールスタンドもありました。

P8134919.jpg

ALUSってのが、ビールって意味のようです。

P8134920.jpg

この建物、当時ラトビア領内にあったドイツのツェッペリン型飛行船の格納庫を移築して使われているそうです。

屋外には、フルーツや野菜、切り花を売る屋台が軒を連ねていました。

↓屋外マーケットの様子
P8134915.jpg

↓カラフルな野菜やフルーツが並びます
P8134933.jpg

↓チェリーの量り売り
P8134935.jpg

↓巨大なスイカ!
P8134951.jpg

↓デカい!
P8134957.jpg

↓ブルーベリー屋さん
P8134950.jpg

↓ハーブ屋さん
P8134961.jpg

P8134959.jpg

P8134960.jpg

↓お花屋さん
P8134942.jpg

P8134945.jpg

中央市場の敷地内には、ウズベキスタン料理のレストランもありました。

P8145151.jpg

ラトビアもウズベキスタンも、もともとは同じソ連。

人の往来もあったんでしょうねぇ。

市場の中には、レストランが。

P8134928.jpg

ここが、とにかく安くて、美味しくてオススメ。

カウンターで指を指して食べたいものを選びます。

P8134926.jpg

市場の人が食べるようなローカルフードを、観光客向けレストランの半額程度で食べることが出来ました。

P8134922.jpg

これからリーガに行かれる方は、ぜひ行ってみてると良いと思います。










この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラトビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

6日目:リーガの路面電車が素敵だった(バルト三国旅行記:ラトビア/リーガ)


リーガの街にも、路面電車(トラム)が走っていました。

P8134966.jpg

何しろトラムが好きな私は、この街でもしっかりとトラムに乗車してきました。

P8134973.jpg

リーガのトラムは、特にデザインが素敵でした。

P8134892.jpg

レトロな車両のカタチに、爽やかな青と白のカラーリング。

P8134906.jpg

車両のカタチ、カラーリングが、どちらもボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボで乗ったトラムと似ているようでした。

↓ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボでトラムに乗った時のブログエントリー
http://echigo1978travel.seesaa.net/article/379851883.html

↓リーガのトラムとかな〜り似ているサラエボのトラム。相当ボロい。
P9222122-b96d5-thumbnail2.jpg

調べてみると、このトラム車両、チェコのメーカーであるタトラ社のT3という車両でした。

P8134903.jpg

どうやらこの型のトラム車両は、1960年から1989年にかけて13,991台も生産され、旧共産圏の各国に輸出された結果、世界中の路面電車で最も生産台数の多い車両となったそうです。

チェコのプラハや、エストニアのタリン、クロアチアのザグレブ、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボなど、私がこれまで行った街のトラムも、このT3だったそうで。

北朝鮮の平壌のトラムでも、この車両が使われているそうですよ。

気付きませんでしたが、私が無意識のうちに「好きなトラムだなー」と思っていたトラムは、全てこのT3型でした。

ウクライナのキエフ、ドイツのベルリンでも、この車両が活躍しているそうなので、ぜひ訪れてみたいと思っています。

そう言えば、バルト三国では、女性のトラムの運転手さんが多いように感じました。
もしかすると、バルト三国では、トラムの運転手さんは女性の仕事なのかもしれません。










この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラトビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

6日目:リーガ大聖堂のパイプオルガン(バルト三国旅行記:ラトビア/リーガ)


リーガ大聖堂では、毎日12時からパイプオルガンのショートコンサートが開催されているそうです。

せっかくなんで、教会内の見物がてら行ってみることにしました。

↓リーガ大聖堂
P8135015.jpg

ちょっと早めに着いてしまったので、リーガ大聖堂の目の前にあるドゥァマ広場のカフェで休憩。

P8135019.jpg

入場開始時間10分前に行くと、すでに長蛇の列。

行列に並んでチケットを購入します。

チケットの値段は5Ls。だいたい200円くらいでした。

そう言えば、バルト三国では、南に行けば行く程、物価が安くなりました。

フィンランド→エストニアを経由してきた私にとって、ラトビアの物価はとっても安く感じました。

観光シーズンだったこともあり、教会の中は、コンサートを聴く人で、ほぼ満席。

P8135034.jpg

教会の中には、巨大なパイプオルガンがありました。

P8135031.jpg

このパイプオルガン、1883年に造られたものだそうです。

パイプは6718本もあり、造られた当時は世界でも最大のものだったのだとか。

最長のパイプは10mにもなるそうで、たしかにかなり大きかったです。

コンサートは30分程だったでしょうか。

コンサート中、隣の席は日本人のツアー客が座っていました。

老夫婦だったのですが、旦那さんがとてもつまらなそうにしていて、後半はスヤスヤと眠っていらして、「大金を払ってここまできただろうに、なんだか可哀想だなー」と思ってしまいました。

何事も、自発的に行わないとつまらないものです。

リーガ大聖堂の名誉のために言うと、ショートコンサートは決してつまらないものではなく、本当に素晴らしい演奏を楽しむことができました。

P8135030.jpg

あの、教会に響くパイプオルガンの音色は、教会の神秘性を演出するためには抜群の効果があり、「教会+パイプオルガン」のシステムを作ったキリスト教徒って、ホントに演出上手だなー、と思いました。

そりゃ、こんだけ世界に広がる訳です、キリスト教。










この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村



posted by えちご at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラトビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

6日目:リーガ近郊のビーチ「ユールマラ」へ行ってみた(バルト三国旅行記:ラトビア/リーガ)


ラトビアでもビーチに出かけました。

リーガ駅から電車に乗り、近郊にあるユールマラのビーチへ向かいます。

リーガ駅は、旧市街からすぐそこ。

P8135038.jpg

窓口でチケットを買い、ホームへ向かいます。

P8135039.jpg

電車が来るまでちょっと時間があったので、駅の中にある売店でビールとスナックを買って、電車を待ちました。

P8135049.jpg

電車到着〜。

P8135051.jpg

ちなみにリーガは、旧ソ連では最大の電車メーカーがあったそうで、恐らくこの電車もリーガで製造されたものと思われます。

デザインがレトロで、なかなか良い佇まいです。

P8135048.jpg

車内は、休日の午後を近郊のビーチで過ごそうという地元の人たちで、けっこう込み合っていました。

車内では、ラトビア人のおじさんに声をかけられました。

これから家族7人でビーチに出かけるのだとか。

ユールマラはリーガに住む人たちにとって、手近なリゾート地なんだそうです。

30分程電車に乗って、ユールマラビーチがあるマユァリの駅で到着下車。

P8135056.jpg

マユァリの駅を降りて5分程歩くと、ショッピングストリートがありました。

P8135060.jpg

ここで、昼食。

サーモンのクリームパスタを食べました。

P8135063.jpg

ビールはラトビアビール。

腹ごしらえをした所で、街を散歩しつつ、マユァリのビーチへ。

↓猫と遊ぶカップル
P8135065.jpg

↓メリーゴーランドでお昼寝中のおばさん
P8135062.jpg

↓この通りを抜けるとビーチ!
P8135069.jpg

マユァリのビーチは、やはりエストニアで行ったピリタのビーチと似たような雰囲気でした。

P8135071.jpg

ビーチは割と閑散としていました。

P8135079.jpg

天気予報が雨だったからかもしれません。

P8135087.jpg

気温も18度程だったので、海に入っている人も稀です。

ってことで、ここでもビールを買ってビーチでお昼寝。

P8135093.jpg

しかーし、ここでは、結構、散々な目に遭いました。

寝ていたら蜂に刺されるし、水着に着替えてビール吞んでたら突然の雨に打たれるわで。

たぶん蜂に刺されるなんて30年ぶりくらいのことで・・・

痛みを抑えるためにビールをもう一杯。

P8135083.jpg

日も低くなってきたところで、帰路につきました。

P8145115.jpg

ラトビアのビーチでは、蜂に気をつけましょう。。。










この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラトビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする