2014年08月23日

フィンランド→バルト三国→ロシア旅行 準備編@ 旅程


2014年の夏休みを利用して、フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、ロシアを旅してきました。

P8094156.jpg

P8145203.jpg

夏に訪れるのにピッタリな国々だったなー、と思います。

今日からしばらく、今回の旅行について書いてみようと思います。

まずは、今回の旅程から。

---
■8/8(金):日本→フィンランド
12:00 成田空港発(SU261便)
17:10 シェレメーチェボ国際空港着
20:10 シェレメーチェボ国際空港発(SU3662便) 
20:55 ヘルシンキヴァンタン国際空港着
ヘルシンキ泊(Cheapsleep Helsinki)

■8/9(土):フィンランド
ヘルシンキ観光
ヘルシンキ泊(Cheapsleep Helsinki)

■8/10(日):フィンランド→エストニア
10:00 ヘルシンキ発(フェリー VIKING LINE "Viking XPRS":24EUR)
12:25 タリン着
タリン観光
タリン泊 (Old Town Alur Hostel)

■8/11(月):エストニア
ピリタビーチ観光
タリン観光
タリン泊 (Old Town Alur Hostel)

■8/12(火):エストニア→ラトビア
07:00 タリン発(LUX Expressバス:23EUR)
11:25 リーガ着
リーガ観光
リーガ泊(Red Nose Hostel)

■8/13(水):ラトビア
ユールマラビーチ観光
リーガ観光
リーガ泊(Red Nose Hostel)

■8/14(木):ラトビア→リトアニア
09:00 リーガ発(LUX Expressバス:11.58EUR)
11:25 シャウレイ着
十字架の丘観光
16:10 シャウレイ発(BUS TURASバス:48リタス)
19:10 ヴィリニュス着
ヴィリニュス泊(Hostelgate)

■8/15(金):リトアニア
トラカイ観光
ヴィリニュス観光
ヴィリニュス泊(Hostelgate)

■8/16(土):リトアニア
カウナス観光
ヴィリニュス観光
空港泊

■8/17(日):リトアニア→ロシア
5:10 ヴィニリュス国際空港発(SU2109便)
7:35 シェレメーチェボ国際空港着
モスクワ観光
20:00 シェレメーチェボ国際空港発(SU262便)

■8/18(月):ロシア→日本
10:35 成田空港着
---

エアチケットは、ちょうど2ヶ月前の購入、全行程アエロフロートロシア航空で177,590円でした。
(モスクワ→ヘルシンキ間は、共同運行便でフィンエアー機材でした。)

P8084113.jpg

明日は、準備編Aとして、ロシアビザの取得について書いてみようと思います。



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村




posted by えちご at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

1日目:日本→ロシア→フィンランドへ大移動


フィンランド、バルト三国、ロシア周遊旅行1日目。

12時に成田を出発し、モスクワ経由でヘルシンキへ向かいました。

P8084110.jpg

モスクワまではアエロフロートロシア航空で10時間10分のフライト。

使用機材はエアバス社のA330-300でした。

P8084116.jpg

食事の時にビールをもらえないか聞いてみると置いていないとのこと。

ワインだけはあるようでしたが。

数年前にアエロフロートに乗った時には、有料でしたがデンマークのTUBORGビールを出してもらえたのですが、ルールが変わったのかな?

↓前回にアエロフロートに乗ってチェコに行った時のブログエントリー

「モスクワ経由で東欧へ」


と思って調べてみると、↓とかの事情が関係しているかもしれません。
「ロシア、ついにビールは「ジュースではなくお酒」と認める」

モスクワのシェレメーチェボ国際空港で3時間の乗り継ぎ。

その後、アエロフロートとの共同運行便のフィンエアーに1時間45分乗ってヘルシンキへ。

使用機材はエアバス社のA319。

P8094119.jpg

フィンエアーは、それはそれは大層オシャレ。

P8094122.jpg

ナプキンと紙コップは、マリメッコとのコラボです。

ヘルシンキのヴァンタン国際空港に到着したのが20時55分。

夏なので、外はまだ明るいです。

P8094123.jpg

空港からは、フィンエアー運行のバスがヘルシンキ中心地まで頻繁に出ていました。

P8094125.jpg

バス運賃は6.3ユーロ。空港から市街地まではバスで約30分。

P8094128.jpg

バスに乗りながら外を眺めていたら、偶然にも予約していたホステルを通り沿いに発見。

P8094127.jpg

運転手さんに「ココで降ろして!」とお願いし、予定していたより30分程早くホステルに到着しました。

ホステルに到着したのは22時頃。

フィンランドは、2週間程前にホテルを探したのですが、夏のハイシーズンのため市街地の安いホテルはどこも一杯。

物価も高いフィンランドなので、市の中心地からバスで15分程の場所にある「Cheasleep Helsinki」というホステルのドミトリーを日本で予約しておきました。

→「CheaSleep Helsinki」を予約する

一泊3,009円、二泊で6,018円です。

かなり大きめのバックパッカー用ホステルで、部屋やシャワー、キッチンなどはかなり清潔でした。

さすが北欧。アジアや南米とは訳が違います。

ベッドも予約で全て埋まっていました。

ホステルには、タリン行きのフェリーまでの時刻表も貼ってあってなかなか便利です。

P8094129.jpg

受付のお兄さんに「タリン行きのフェリー、予約しないとマズいかな?」と聞いてみたら、「高速艇の便じゃなければ、大きなフェリーだから当日で大丈夫」とのことでした。

この後、シャワーを浴びて23時頃。

せっかくなので、ホステルの隣にあるバーでビールを1杯のみながら、翌日の予定を決めてこの日は就寝と相成りました。

P8104344.jpg

バーでは、旅行者らしいギリシャ人が、これまた旅行者らしいクロアチア人に酒を奢らせて、賑やかに飲んでいました。

ギリシャ人は相当泥酔しているのか、そのクロアチア人の名前を何度も呼び間違えていて、なんだか滑稽でした。

まあ、確かに外国人の名前、特にクロアチア人の名前はややこしいですからね。

そんな初日でした。


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村



posted by えちご at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

2日目:世界遺産「スオメンリンナの要塞」を早朝散歩(フィンランド/ヘルシンキ)


旅先では、いつも朝早くに目が覚めてしまいます。

P8094131.jpg

この日は朝5時に起床。

ガサガサとバックパックをまさぐっていると、上のベッドの若者が強いスペイン訛りの英語で「まだ5時だぜ。マジかよ。」と話しかけてきました。

「申し訳ないんだけど時差ボケなんだ。すぐに部屋から出るからちょっと待っててよ。」と、強い日本訛りの英語で答えて部屋を出ます。

「初日くらいは、シングルルームを予約しておけばよかったかな」なんて思いつつ。

シャワーを浴びて、ホステルを出発。

街の中心地まで30分程。

憧れのヘルシンキの街を味わうため、散歩をしながら街の中心へ向かいました。

↓路面電車が走る道路と街路樹。
P8094132.jpg

まだ路面電車の運転間隔も広かったので、街路樹の真ん中を歩きながら中心街へ向かいます。

8月ですが、ヘルシンキの朝の気温は15度ほど。

散歩をするのにとても心地よい気温です。

ヘルシンキの街並みは、イメージ以上の北欧でした。

20分程歩くと、海岸通りに着きました。

海岸通りの先に、有名なウスペンスキー寺院が見えます。

P8094141.JPG

ベンチには、昨晩誰かが飲み干したビール缶が4本。

「1人で4本かな、2人で4本かな、4人で4本かな」なんて想像しつつ。

P8094140.JPG

午前6時半、早朝のヘルシンキ大聖堂に到着。

P8094155.JPG

ほとんど誰もいません。

その後、港まで行って、スオメンリンナ要塞へのフェリーのチケットを購入。

P8094176.JPG

当日内有効の往復チケットで5ユーロでした。

P8094178.JPG

スオメンリンナ要塞は、ヘルシンキ市内の島にある海防要塞。

ロシア帝国に対する防備を目的に建造され、その後、フィンランド戦争、クリミア戦争などで要所として機能し、今は世界遺産となって観光資源になっています。

要塞の構造は星形要塞。

函館のあの五稜郭みたいな感じです。

島まではフェリーで15分程度で到着。

P8094183.JPG

まだ早朝なので、島はひっそり閑としていました。

島を1時間ほどかけてゆっくりと散歩しました。

↓城壁
P8094184.JPG

↓戦中に使われた潜水艦
P8094188.JPG

↓鳥の群れ
P8094192.JPG

P8094195.JPG

↓教会もありました
P8094185.JPG

島には海水浴場もあって、地元の老人夫婦が早朝から気持ち良さそうに海水浴してました。

実は、この「スオメンリンナの要塞」で、カメラに三脚を取り付けて撮影している時、カメラを落としてしまってレンズを破損してしまいました。

ってことで、一気にテンションダウン。

ざっと1時間ほど見物した所で、代替のレンズを買うために、フェリーに乗って市街地に引き返しました。

ちょっと残念な旅の始まりでした。。。



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

2日目:港の市場で朝食&ビール(フィンランド/ヘルシンキ)


フィンランドの港、ちょうどスオメンリンナ行きのフェリーが出るあたりには、ちょっとしたマーケットが開かれていました。

P8094222.jpg

スオメンリンナ行きのフェリーに乗った8時頃にはまだ準備中だったお店も、戻ってきた午前10時くらいにオープンして、かなり賑やかな雰囲気になっていました。

世界の市場好きの私ですから、しっかりと見物することに。

野菜、フルーツ、みやげ物、お花、フードなどの屋台が賑やかに並び、とても楽しい雰囲気です。

港が近くて、うっすらと潮の香りがして、とても開放的な雰囲気のマーケットでした。

野菜屋さんの屋台

P8094248.jpg

細いニンジンがたくさん売られていました。

インゲン専門屋台

P8094252.jpg

どうもフィンランド人はインゲンが好きらしく、芝生に座りながら生のままインゲンを食べている人を良く見かけました。

お花屋さん

P8094247.jpg

ブルーベリー屋さん

P8094249.jpg

ベリー屋さん

P8094251.jpg

おみやげ屋さん

P8094245.jpg

お腹もすいていたので、ちょっとカロリー取り過ぎですが、名物のイワシとイカの唐揚げと、ライトビールを注文。

P8094230.jpg

ボイルされたジャガイモとインゲン、ニンジンも添えられていました。

P8094239.jpg

北欧らしく、ドバッとサワーソースもトッピングされ、これで11ユーロ。

P8094234.jpg

ビールも合わせて15ユーロくらいだったでしょうか。

P8094240.jpg

約2,000円の豪華な朝食です。

寝る場所にはお金を使いませんが、食事とビールにはお金を使います。
現地のビールと食事は、日本では味わえないですからね。

胃腸の調子も絶好調で、このボリュームをペロリと平らげました。



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村



posted by えちご at 22:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

2日目:FCバルセロナがヘルシンキにいた(フィンランド/ヘルシンキ)


港の市場での食事を済ませ、中心街にあるヘルシンキ市民憩いの場となっているエスプラナーディ公園をお散歩。

P8094259.jpg

すると、なんだか賑やかな通りを発見。

入ってみると、、、

おお、FCバルセロナのチームが、ちょうどこの日、ヘルシンキに来ているようです。

P8094256.jpg

ホテル前で「出待ち」する人々。

P8094257.jpg

この日の午後、FCバルセロナが、地元のチーム、HJKヘルシンキとの親善試合が行われるようでした。



その後、試合の結果を見てみたら、なんと0-6とFCバルセロナが圧勝してました。

一応、HJKヘルシンキはフィンランドで一番実績のあるチームのようですが、そもそもフィンランドはそれほどサッカーが強くないようです。

ちなみにサッカーのフィンランド代表、これまでにW杯本戦出場は無く、FIFAランキングも2014年8月時点では502位でした。



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする