2014年06月12日

アイスランドに行く理由(アイスランド)


2014年のゴールデンウィークは、
アイスランドに行ってきました。

最高でした。

今まで行った国の中で間違いなく1番。

死ぬまでに、あと3回は行きたい国になりました。

ふかわりょうの気持ちが、少し理解できた気がします。
(ふかわりょうは、アイスランド好きで有名なのです)




日本では、あまり馴染みのない国、アイスランド。

「アイスランド」と「アイルランド」と「グリーンランド」が、
ゴチャゴチャになってしまう人もいます。

「アイスランドなんて行けるんですか」と聞かれることもあります。

そんなアイスランドに、なぜ行ってみたいと思ったのか。

理由はいくつかあります。

■理由1:アイスランドの音楽が好き

何しろ、アイスランドの音楽が好きだ、というのが理由のひとつです。

アイスランドのミュージシャンで最も有名なのは、
やはりビョークさんです。



しかし、何といっても私が大好きなのはシガーロス。



「シガーロスの音楽は、アイスランドの自然そのもの」
なんて言われたりもします。

その他にも、mum、Mugison、Apparat Organ Quartet、Seabear、Ásgeirなど、
素晴らしいミュージシャンをたくさん排出しているのがアイスランドなのです。

そんなアイスランドで、
アイスランド音楽を聴きながらドライブでもしたら、
それはもう最高だろうなー、とずっと思っていました。


■理由2:ブダペストで出会ったフィンランド人の発言

昔、ハンガリーの首都ブダペストで、
深夜に独り道に迷ったことがあります。

そんな時に、親切に声をかけてくれて、
道案内をしてくれたフィンランド人がいました。

とてもきれいな金髪の女性で、
その彼女との会話で印象に残ったフレーズがあります。

「日本から来たの?日本と言えばFujiRockに行ったことがあるわ。とても素敵なフェスだったけど、世界でFujiRockより素敵なフェスが1つだけあると思う。それはアイスランドのAirWavesよ」と。

それ以来、ずーっとアイスランドのAirWavesに行くのが憧れになりました。




■理由3:海外ドライブがしたい

ハワイ島で大自然をドライブしてからというもの、
「また海外の大自然の中で気ままにドライブをしたい」
という気持ちが強くなっていました。

アイスランドは自然が超豊富だし、
人が少ないため車の往来も激しくなく、
海外ドライブには持ってこいの場所なのです。


■理由4:Youtubeのプロモーション動画

そんなこんなでアイスランドがずっと気になっていたワケで、
ヒマな時にはアイスランドについて調べてたりしていたのですが、
そんな時にアイスランドのプロモーション動画をYoutubeで発見しました。



この動画が、超素晴らしくて。

もう、「アイスランド行きたい熱」がピークを迎えたのです。


そんなワケで、
アイスランド行きのチケットを入手しました。

成田⇒ドバイ⇒ロンドン⇒レイキャビーク
というコースです。

成田・ロンドン間はエミレーツ航空(往復約13万円)、
ロンドン・レイキャビーク間はeasyJet(往復約4万円)を使いました。

明日からは、そんなアイスランドでのドライブについて、
少しずつ書いていこうと思います。

▼アイスランドに関する記事
アイスランドの本についての記事はコチラをご覧ください
アイスランドの音楽についての記事はコチラをご覧ください
アイスランドの映像作品についての記事はコチラをご覧ください


▼アイスランドに行こう!
エイビーロードでアイスランドへのツアーを探す
JTBでアイスランドへのツアーを探す
HISでアイスランドへのツアーを探す



風とマシュマロの国 [ ふかわりょう ]


たまたま辿り着いた北緯66度の島、アイスランド。なぜ一人旅なのか。なぜ5年にわたって足を運ぶのか。ピュア&ユニークな感性が織りなす、新しい時代の幸せのカタチ。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


life is music [ ふかわりょう(ryo fukawa) ]


クラブDJとして、またトラックメイカーとして活動してきたこと、幼少期からのピアノ、アイスランドでの日々など、体で感じたことすべてが構築する、ふかわりょうの音の世界。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


life is music 2 [ ふかわりょう(ryo fukawa) ]


エレクトロからアンビエントまで、幅広い音楽性をポップに体現。ジャンルこそ多岐に渡っているものの、一貫性のようなものを感じるのは「ryo fukawa」で括られているからだろう。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


▼アイスランドに行こう!
エイビーロードでアイスランドへのツアーを探す
JTBでアイスランドへのツアーを探す
HISでアイスランドへのツアーを探す

スカイスキャナーでアイスランドへの航空券を比較



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイスランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

アイスランドの本(アイスランド)

アイスランドに行く前に、一通りアイスランドについて調べてから行きました。

日本では、アイスランドはあまりメジャーな国ではないので、参考になる本や映像などを探すのに苦労しましたが、その中でも興味深かったものをいくつか紹介します。

■Scape 2014年02月号 アイスランド特集
オススメ指数 ★★★★★



2014年時点で、最も新しいアイスランドのガイドブックだと思います。
滝や氷河、山々などアイスランドの美しい自然の写真が多く掲載されていて、見ているだけでまたアイスランドに行きたくなってしまいます。
首都レイキャヴィークのレストランやカフェ、雑貨屋さんなどを紹介する記事もあって、かなり重宝しました。
アイスランド音楽の記事も6ページで展開されています。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


■Bird 2013年03月号 アイスランド特集
オススメ指数 ★★★★★



コチラは日本語の旅行ガイドとしては、質とボリュームで2014年時点で最も充実しているものだと思います。
リングロード(国道1号線)を使ったアイスランド1周のドライブ旅行の記事は、かなり参考になりました。
宿泊施設や食事に使った金額なども書かれていたので、物価の相場なんかも事前に把握することができました。
また、アイスランド音楽やアイスランド映画に関する記事なんかも充実していて、アイスランド好きなら持っていたい本です。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


■PAPER SKY 2008年秋号 アイスランド特集
オススメ指数 ★★★★☆



コチラは2008年に出された雑誌なので、少し情報が古いかもしれません。
ただアイスランド音楽に関する情報はかなり充実しています。
アイスランド音楽のレーベルについて、レイキャヴィークにある音楽学校について、アイスランド音楽の映画「好くリーミング・マスターピース」の監督(アリ・アレクサンダー)のインタビュー、有名なCDショップ「12 Tonar」の紹介など、かなりディープな内容になっています。
アイスランド音楽ファン必携です。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


■Lonely Planet Iceland
オススメ指数 ★★★★☆



本格的な旅行ガイドとしては、最も充実していると思います。
私がアイスランド旅行に行った時は、これを頼りにしました。
ただ、いかんせん英語。英語が読めない人には役に立ちませんね。。。

→Amazonで買う


■地球の歩き方 ヨーロッパ 2014-2015
オススメ指数 ★★☆☆☆




日本語の旅行ガイドでは、御馴染み「地球の歩き方」のヨーロッパ編に組み込まれています。
アイスランドに行きたいだけの人にとっては、ちょっと使いにくいですね。。。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


■地球の歩き方 ヨーロッパ 2014-2015 【分冊】 14 アイスランド
オススメ指数 ★★★☆☆



なんと、「地球の歩き方」の電子書籍版では、アイスランドの部分だけを分冊として入手できます。
これは便利!しかも300円とお値段もお手頃です。私がアイスランドを旅行した時は、この電子書籍版はありませんでしたが、2014年の8月に発刊されたようです。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


■風とマシュマロの国 ふかわ りょう
オススメ指数 ★★★☆☆



アイスランドと言えば、ふかわりょうです。
この人、5年にもわたってアイスランドを訪れているそうで、本当にアイスランドが好きなんですね。
ふかわりょうのアイスランドに対する愛情が感じられる内容になっていて、読んでいると「そうそう、アイスランドってそこがイイんだよなー」と思わず共感してしまう所が多かったです。
文体がロマンチックで、物語のような本です。


→Amazonで買う
→楽天市場で買う


これからアイスランドに旅行される方、アイスランドが好きでたまらない方は、参考にしてみてくださいねー。


アイスランドの映像作品についての記事はコチラをご覧ください!


▼アイスランドに行こう!
エイビーロードでアイスランドへのツアーを探す
JTBでアイスランドへのツアーを探す
H.I.S.でアイスランドへのツアーを探す




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイスランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

アイスランドの映像作品(アイスランド)


前回のエントリーでは、アイスランドの本をご紹介しましたが、今回はアイスランドの映像作品について、いくつかご紹介したいと思います。

■春にして君を想う
オススメ指数 ★★★★☆



1991年のアイスランド映画です。
監督はアイスランド人のフリドリック・トール・フリドリクソンという人。
内容は、アイスランドの田舎に独りで暮らす老人が、レイキャヴィークの娘夫婦を頼って訪れる所から始まるお話。
ストーリーは少し切ない内容になっていますが、アイスランドの田舎の風景が美しく幻想的に描かれていて、引き込まれてしまいます。

→Amazonで買う


■コールド・フィーバー
オススメ指数 ★★★★☆



こちらも「春にして君を想う」と同じくフリドリック・トール・フリドリクソンの監督作品。
アイスランドを訪れた日本人男性の旅を描いたロードムービーで、主演は永瀬正敏です。
ストーリーは、実際にあった日本人の地質調査隊3名の死亡事故をモチーフにしているそうです。
リングロード(国道1号線)などをドライブしながら旅をする様子が描かれているので、アイスランドをドライブしているような気分を味わえます。

→Amazonで買う


■LIFE!
オススメ指数 ★★★★☆



本当に大好きな映画です。
ストーリーにもアイスランドが登場しますが、ウォルターがスケボーで疾走するシーン、自転車で走るシーンなど、この映画の多くのシーンがアイスランドで撮影されたんだそうです。
グリーンランドの空港として登場する空港も、実際はHöfn(ヘプン)の空港だそうですよ。
ちなみに映画に使われている音楽にも、アイスランドのミュージシャン「Of Monsters And Men」が参加しています。このサントラも秀逸です。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


■Sigur Ros / Heima
オススメ指数 ★★★★★




アイスランドのミュージシャン「Sigur Ros」のDVDです。
内容は、Sigur Rosが故郷のアイスランドの各地で行ったフリーライブの様子を追ったドキュメンタリーです。
アイスランドの地方都市の美しい風景と、Sigur Rosの美しい音楽をクロスオーバーして楽しめる素晴らしい内容です。
特に高原で名曲「Hoppipolla」を演奏するシーンは、多幸感に溢れていて、素晴らしすぎて鳥肌が立ってしまいました。
ちなみに輸入版を買っても日本語字幕が付いているので安心です。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


■Screaming Masterpiece
オススメ指数 ★★★☆☆



アイスランド音楽のルーツに迫る、ドキュメンタリー映画です。
ビョークへのインタビューや、アイスランドのミュージシャンのライブの様子などが収録されていて、アイスランド音楽のファンなら絶対に観ておきたい内容です。
残念ながら、輸入版しかなく、日本語字幕も付いていないので、英語が苦手な方はインタビューの内容を理解できないかもしれませんが、ライブのシーンがかなり多いので、音楽DVDとしても充分に楽しめる内容になっています。

→Amazonで買う
→楽天市場で買う


これからアイスランドに旅行される方、アイスランドが好きでたまらない方は、参考にしてみてくださいねー。


アイスランドの本についての記事はコチラをご覧ください!


▼アイスランドに行こう!
エイビーロードでアイスランドへのツアーを探す
JTBでアイスランドへのツアーを探す
H.I.S.でアイスランドへのツアーを探す




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイスランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

アイスランドドライブ0日目 〜 日本での準備(アイスランド)


アイスランドではドライブをすることに決めていました。

なので、私にしては珍しく、
旅行前から日本でちゃんと準備しておきました。

■国際免許証を取得

いろいろと調べてみると、
アイスランドでは国際免許証の携帯が必須ではないとの情報もありましたが、
心配なので国際免許証を持って行きました。

国際免許証は持っていなかったのですが、
取得はものすごく簡単でした。

▼国外運転免許証取得手続(本人による申請)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/kokugai/kokugai01.htm

新宿にある運転免許更新センターに、
運転免許証と写真と2,400円を持って行くと、
その場で15分くらいでサクッと発行してくれました。

1964916_10203795282310616_1113437417_n.jpg


■レンタカーを予約

「レンタカーは予約しないで借りると超高くなる」
というハワイで学んだ教訓を活かし、
今回は日本から予約して行きました。

いくつかのサイトで見積ってみたのですが、
Sixtレンタカーが一番安かったので、
そこで借りました。

http://www.sixt.jp/

3日間半(81時間)のレンタルで、
238.7ユーロ(1日13.55ユーロの保険込み)でした。
だいたい3.3万円くらいですかね。

1日1万円程度なので、
物価の高いアイスランドにしては、
思ったより安く済んだ印象です。

到着日はゆっくりと首都レイキャビークを観光したかったので、
空港から車を借りず、レイキャビークの街からレンタルしました。

ちなみにsixtレンタカーのレイキャビークの街のオフィスは、
街の外れの港付近の倉庫街にあります。
ハットルグリムス教会からは、徒歩20〜30分くらいでしょうか。

P4302846.jpg

返却時にホテルへの無料送迎サービスがあったので、
借りる時にもホテルピックアップがある気がします。
使いませんでしたが。

車のクラスは最も小さいクラスを選びました。

↓当日、車借りに行ったら、幸運にもアップグレードしてくてました。
P4302847.jpg

ヨーロッパはオートマ車が少ないそうなので、
これからアイスランドでドライブしようと思っている人は、
オートマ車を希望の場合には事前に予約した方が確実そうです。

ちなみに私はマニュアル車を選択しました。

カーナビは借りませんでした。

最悪、スマホで代替しようと考えてレンタルしませんでしたが、
アイスランドの道はほとんど迷う要素が無い程に単純なので、
カーナビの必要性は、ほとんど感じませんでした。
(レイキャビーク市内はやや難関ではありますが…)


■ドライブルートを決める

日本語のアイスランドのガイドブックは
ほとんど出版されていないので苦労しました。

「地球の歩き方」もアイスランド編は出版されてません(2014年5月現在)。

なので、Lonely Planetで調べたり、
ネットで調べたりしてルートを決めました。



↓ロンプラ、電子書籍版もあるんですね。安くてお得です。


私は3日間半のドライブ予定だったので、
見所の多いアイスランド島の南東部を走るルートに決めました。

ざっと↓な感じです。

○1日目
・ゴールデンサークル(シンクヴェトリル国立公園、グトルフォスの滝、ゲイシールエリア)、セリャラントスフォスの滝、スコゥガフォスの滝
・宿泊:ヴィーク(Vik)

○2日目
・ヨークルスアゥルロゥンの氷河
・宿泊:ホプン(Hofn)

○3日目
・スカフタフェットル国立公園、ディルホゥラエイの滝、スコーガル民族博物館、ディルホゥラエイの海岸
・宿泊:Selfoss(セルフォス)

○4日目
・ブルーラグーン

振り返ってみると、このルートは正解だったように思います。

それほど行程に無理はありませんでしたし、
アイスランド島南東部の見所は網羅できた気がします。

明日からは、いよいよ実際のドライブの様子を書いてみようと思います。

出発地は、アイスランドの首都レイキャビークです。

P4302849.jpg

出発日は、天候にも恵まれました♪


▼アイスランドに関する記事
アイスランドの本についての記事はコチラをご覧ください
アイスランドの音楽についての記事はコチラをご覧ください
アイスランドの映像作品についての記事はコチラをご覧ください


▼アイスランドに行こう!
エイビーロードでアイスランドへのツアーを探す
JTBでアイスランドへのツアーを探す
HISでアイスランドへのツアーを探す

スカイスキャナーでアイスランドへの航空券を比較



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 12:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | アイスランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

アイスランドドライブ1日目 〜 車がバックしなくなった件(アイスランド)


首都レイキャビークで車をレンタルし、
ホテルにいったん車で戻りバックパックを積み込み、
いよいよアイスランドドライブのスタートです。

↓レイキャビークのシンボル「ハットルグリムス教会」から出発!
P4302853.jpg

レイキャビークを出るのにちょっと迷いながらも、
レンタカー屋さんでもらったアイスランドの地図を見ながら、
まずは無事に国道36号線に乗りました。

最初の目的地は、レイキャビークの北東50Kmにある、
世界遺産「シンクヴェトリル国立公園」です。



世界初の民主議会「アルシング」が開かれた場所として有名なのだそうです。

レイキャビークを出ると、
すぐにアイスランド的な風景が!

P4302858.jpg

P4302854.jpg

1時間程車を走らせると、迷うこと無くシンクヴェトリル国立公園に到着。

P4302859.jpg

このシンクヴェトリル国立公園、
地球の割れ目(アイスランド語で「ギャウ」というらしい)を見ることができる、
世界的にも珍しい場所なのだそうです。

↓ギャウ!
P4302867.jpg

この場所は、ユーラシアプレートと北アメリカプレートの境目にあり、
各プレートに左右に引っ張られる形で地表に段差ができているのだとか。

↓ギャウ!
P4302868.jpg

このプレートがアイスランドを南北に貫いているため、
アイスランド島は左右に引っ張られながら年に2-3cmくらい広がっているのだそうです。

↓プレートの間はだいたい7kmくらいあるそうです。
P4302876.jpg

このユーラシアプレートをずーっと辿った東の果てに、
我らが日本があるのですね(遠い目)。

公園には川と、ちょっとした滝があったりして、
アイスランド的な情景を醸し出しています。

P4302897.jpg

↓民主議会開催の様子を描いた絵
P4302882.jpg

P4302877.jpg

隆起した断層によって、声がよく響いため、
この場所で議会が行われたのだとか。

公園内には、世界初の民主議会を誇るように、
アイスランド国旗がはためいていました。

P4302904.jpg

さて、車に戻り、駐車場を出ようとギアをバックに入れるのですが・・・
車がバックしません!ギアがバックに入らない!

「さっそく車を壊しちゃったかな。。。」

と困り果て、公園のお土産屋さんの青年に助けを求めました。

「どうしても車がバックしなくてですね。壊しちゃったかもしれなくてですね。申し訳ないのですが、ちょっと試してみてくれないですかね?」と。

その青年を車の場所まで連れて行き、
バックを試してもらうと難なくバックするではありませんか。

なんでも、外国車の一部の車種では、
ギアをバックに入れる時に、
いったんシフトレバーの取っ手を引き上げないと、
バックギアに入らない仕様なのだとか。

知らなかった。。。

まあ、車は壊れていないようで一安心。

次の目的地、ゲイシールエリアへ向かいます。

ゲイシールエリアは、地上20mに吹き上げる間欠泉で有名な場所です。


アイスランドの映像作品についての記事はコチラをご覧ください!

アイスランドの本についての記事はコチラをご覧ください!

▼アイスランドに行こう!
エイビーロードでアイスランドへのツアーを探す
JTBでアイスランドへのツアーを探す
H.I.S.でアイスランドへのツアーを探す




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村



posted by えちご at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイスランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする