2014年08月03日

ロンドンでビール工場の見学に参加してみた(イギリス)


ビールを愛して止まない私ですが、中でも「Fuller's London Pride」は、ニューヨークの「Brooklyn Lager」と並んで私が最も愛するビールの1つです。

ロンドンで、そのFuller'sの工場見学ができると知り、参加してみることにしました。

旅行先でのお酒の工場見学は、キューバにあるハバナクラブのラム工場に続き2回目です。

工場見学ツアーに参加するには、事前にFuller'sのホームページで予約をする必要があります。

Fuller'sのホームページはコチラ

工場見学ツアーは月曜日〜金曜日の、
11時から15時までの間に1時間ごとに開催されているようです。

人気のツアーのようで、すぐに空きが埋まってしまうようなので、これから行く方は、早めに予約をしておくことをオススメします。

テイスティングがないツアーで7ポンド(1200円くらい)、
テイスティングができるツアーで10ポンド(1700円くらい)です。

もちろんテイスティングツアーで予約しました。

工場はターナム・グリーン駅という場所にあります。

P4282446.jpg

ディストリクト線とピカデリー線で行くことができます。

ピカデリーサーカスからでも30分くらいでアクセスできたと思います。

ターナム・グリーン駅から工場までは徒歩で約25分。

工場に併設されたパブが集合場所です。

P4282450.jpg

時間になると、ツアーガイドのおじいさんが現れてツアー開始です。

同じ時間のツアー参加者は10人程。

P4282454.jpg

イギリス人、フランス人、ドイツ人など国際色も豊かです。

ツアー参加者は、安全の為にカラーベストを着用します。

P4282458.jpg

まずは基本的なビールの作り方からお勉強。

P4282456.jpg

次に原料について説明。

P4282463.jpg

ビールの種類によって違うモルトを試食させてもらえました。

P4282467.jpg

手前右が、私が一番好きなPale Aleのモルト。

麦汁ろ過槽。麦汁を作り、ホップを加えます。

P4282473.jpg

ホップの貯蔵庫。室内は低温が保たれていました。

P4282468.jpg

発酵タンク。麦汁にビール酵母を加えて発酵させます。

P4282475.jpg

Fuller'sのビールの種類をお勉強。
London Pride以外のビールも、随分と作っているんだなぁー。

P4282477.jpg

ビールをボトルに詰め、栓をするライン。
栓は、人が1つずつ金づちで打ち込んでいました。

P4282486.jpg

Fuller'sのビール輸送トラック。
このトラックで、ビールがヨーロッパ中に運ばれて行きます。

P4282481.jpg

最後に、待ちに待ったテイスティング!

P4282495.jpg

30分程度の間で、好きなビールを好きなだけ試飲できます。

もちろん10種類程度ある全てのビールを飲み比べしましたヨ!

P4282498.jpg

GOLDEN PRIDE。最高級プレミアム・ストロングエール。
アルコール度数は堂々の8.5%!

P4282513.jpg

そしてVINTAGE ALE!
こちらもアルコール度数は8.5%。
日本では、なかなか入手困難とのこと。
このビールは、3〜5年寝かせて飲むと美味しいんだそうです。
ビールでも、そんな飲み方するんですね。勉強になります。

P4282516.jpg

参加者もみんなご満悦。

P4282497.jpg

カウンターの中で写真も撮影してもらいました。素晴らしい記念品です。

P4282507.jpg

ってことで、工場見学ツアー終了!

P4282521.jpg

最後にブリュワリーショップで、パイントグラスを2つ買ってお土産にしました。

Fuller's London Prideが飲みたくなったら、こちからドーゾ♪


フラーズ ロンドンプライド
⇒楽天市場で買う


フラーズ ゴールデンプライド
⇒楽天市場で買う


フラーズ ヴィンテージエール
⇒楽天市場で買う


フラーズ エクストラ スペシャル ビター (ESB)
⇒楽天市場で買う



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする