2013年12月14日

今年の年末はメキシコとキューバに行くことにしました。


2013年の年末の旅行は、
メキシコとキューバに行くことにしました。

securedownload.jpg

予習に余念がありません。

これまで訪れた国が21カ国なので、
今回は、22〜23カ国目の訪問になります。

中米、カリブ海の国は初めてです。
楽しみ。

出発は2013年12月20日、
帰国は2014年1月6日を予定しています。

往路は、サンフランシスコを経由してメキシコシティーへ、
復路は、サンフランシスコを経由して成田へ戻ります。

クリスマスはキューバのハバナで、
年越しはメキシコのカンクンで迎える予定です。

航空券は、
成田とメキシコシティーの往復で、
197,770円でした。

これに、メキシコからキューバへの航空券や、
メキシコ国内での航空券代がさらにかかります。

散財甚だしく、当面は、
慎ましやかな生活を強いられそうです。

今回のメキシコへの航空券は、
AB-ROADでいくつかの旅行会社に問い合わせ、
一番安い金額を提示してれくた、
「イスラジャパントラベル」という
大阪の会社で購入しました。

使う航空会社は、
ユナイテッド航空。

昨年、ペルー&ボリビアへ行った時も
ユナイテッド航空でした。

ビールが有料だし、
CAさんのコスチュームも全くセクシーじゃないので、
あまり好きな航空会社ではありませんが、
まあ安いので仕方ありません。

スターアライアンスでマイルも溜まるし。

今回の旅行で、
ミャンマー行けるくらいまで、
マイルが溜まりそうです。

今回、搭乗する機材は、
・UA838便(Boeing 747-400)
・UA821便(Airbus A-341)
・UA1076便(Boeing 737-800)
・UA853便(Boeing 747-400)
です。

Airbus A-341は短胴型機で、
初めて乗る航空機なので、
少し楽しみです。

メキシコからキューバまでの航空券やホテルなどは、
自分で手配しました。

これが、
「キューバ」という国の特殊性もあって、
かなり面倒なわけですが、
その話はまた明日。


ハバナ / エア・カナダ / 5日間



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

メキシコとキューバに行って来ました。


メキシコとキューバに行って来ました。

PC291321.jpg

2013年12月20日から2014年1月6日までの18日間。

のハズが、結局はトラブル発生で・・・
2013年12月20日から2014年1月8日までの20日間の
旅行になってしまいました。。。

そんなこんなについて、
また少しずつブログに書いていこうと思います。

まずは、今回の旅行の概要について。

■チケット購入
・2013年10月18日

■チケット購入方法
・HIS、JTBなどで検索しましたが、結局、ab-roadで検索した航空チケットが一番安かったので、ab-road経由でイスラトラベルジャパンという旅行代理店から購入しました。

■航空券のお値段
・成田→メキシコシティー+メキシコシティー→成田
 └197,770円(ユナイテッド航空)
・メキシコシティー→ハバナ
 └$443.32≒4.5万円(interjet)
・ハバナ→カンクン
 └$252.58≒2.6万円(Cubana de Aviacion)
・カンクン→メキシコシティー
 └?円(VivaAerobus)
 ※現地の旅行代理店で手配したのですが、忘れてしまいました。
  確か2.7万円くらいだったような・・・

■旅程
・12/20(金)
 └出発 17:10(UA838便-サンフランシスコ経由-UA821便)
 └到着 19:18  メキシコシティー泊
・12/21(土)
 └AM:テオティワカン観光
 └PM:メキシコシティー観光(ソカロ/テキーラ・メスカル博物館/ガリバルディ広場)
 └メキシコシティー泊
・12/22(日)
 └メキシコシティー⇒グアナファト(バス)
 └グアナファト観光
 └グアナファト泊
・12/23(月)
 └グアナファト⇒メキシコシティー(バス)
 └風邪でダウンし寝込む
 └メキシコシティー泊
・12/24(火)
 └メキシコシティー出発 11:30(INTERJET 4O2900便)
 └ハバナ到着 15:00
 └ハバナ観光(ハバナ大聖堂/La Bodeguita del Medio/cafe paris)
 └ハバナ泊
・12/25(水)
 └ハバナ観光(支倉常長像/プンタ要塞/革命博物館/革命広場/Factoria Plaza Vieja/El Floridita)
 └ハバナ泊
・12/26(木)
 └ハバナ観光(Beach/カバーニャ要塞/ゲバラ博物館/キリスト像/モロ要塞)
 └ハバナ泊
・12/27(金)
 └ピニャーレス観光(ピニャーレスの谷/プレイストリアの壁画/インディヘナの洞窟)
 └ハバナ泊
・12/28(土)
 └ハバナ観光(アルマス広場の古本市/ハバナクラブ博物館/民芸品市場/旧アメリカ大使館)
 └ハバナ泊
・12/29(日)
 └ハバナ出発 13:45(Cubana CU152便)
 └カンクン到着 14:05
 └カンクン泊
・12/30(月)
 └チチェン・イッツァ観光
 └カンクン泊
・12/31(火)
 └トゥルム観光
 └カンクン泊
・01/01(水)
 └イスラ・ムヘーレス観光
 └カンクン泊
・01/02(木)
 └カンクン出発 11:45
 └メキシコシティー到着 14:25
 └メキシコシティー観光(サロン・コロナ)
・01/03(金)
 └メキシコシティー観光(国立人類学博物館/ローマ&コンデサ地区/ルチャリブレ見物)
 └メキシコシティー泊
・01/04(土)
 └メキシコシティー観光(国立自治大学/オリンピック競技場/エルバザール・ザバド/ガリバルディ広場)
 └メキシコシティー泊
・01/05(日) ※本来の帰国日
 └帰国便手配交渉(帰国便欠航のため)
 └メキシコシティー観光(ルチャリブレ見物)
 └メキシコシティー泊
・01/06(月)
 └帰国便手配交渉(帰国便欠航のため)
 └メキシコシティー出発 15:31 (UA4303便)
 └ヒューストン到着 17:33
 └ヒューストン出発 17:50 (UA1835便)
 └シカゴ到着 20:27
 └帰国便手配交渉(帰国便欠航のため)
 └シカゴ泊
・01/07(火)
 └シカゴ出発 (UA9678便)
・01/08(水)
 └成田到着


明日は、旅の予習に使った本を紹介しようと思います。



メキシコシティ / ユナイテッド航空 / 6日間

ハバナ / エア・カナダ / 5日間


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

メキシコ&キューバ旅行の予習本。


やはり旅行をする際は、予習をしっかりとした方が楽しめると思います。

キューバは革命や政治、音楽など、かなり独特な国なので、予習をすると何倍も楽しめるのではないかと思います。

またメキシコも、料理やビール、テキーラの種類がとても多いです。こちらも予習をしておくことで、楽しみが広がるのではないかと思います。

ということで、私が旅行の予習に使った本をご紹介します。

これからメキシコやキューバに行かれる方の参考になればと思います。

securedownload-thumbnail2.jpg


■メキシコ
・地球の歩き方(メキシコ編)
基本情報は、やはりこの本でゲットするのがよいと思います。


・るるぶ メキシコ編
写真が多用されているので、博物館や遺跡などの解説が非常にわかりやすいです。また、メキシコ料理やおみやげ情報が充実しています。
【送料無料】るるぶメキシコ

【送料無料】るるぶメキシコ
価格:1,365円(税込、送料込)



・現代メキシコを知るための60章
メキシコの歴史や政治、文化などについて、かなり幅広い知識を得られます。とても面白い本です。



■キューバ
・地球の歩き方(キューバ&カリブの島々)
基本情報はこの本でゲット。キューバ情報はわずかなので、私は図書館で借りてコピーして持って行きました。


・旅行人 160号特集 キューバ・革命の島を徹底ガイド!
地球の歩き方より情報は充実。ただ2009年発行の雑誌なので、少し情報が古い部分もあるので要注意。


・キューバを知るための52章
キューバの歴史や政治、文化などについて、かなり幅広い知識を得られます。とても面白い本です。


・チェ・ゲバラ伝
ゲバラやキューバ革命について、深い知識を学ぶことができます。この本を読んでいたおかげで、革命博物館やゲバラ博物館の見物が有意義なものになりました。またハバナのアルマス広場の古本市では、「外国人なのに、キューバ革命についてよく知ってるねー」とキューバ人に感心されました。


・モンド・キューバ
キューバのアートに焦点をあてた写真&エッセイ集です。この本を読んでいたおかげで、ハバナの街のウォールアートを楽しむことができました。
【送料無料】モンド・キュ-バ [ 高橋慎一 ]

【送料無料】モンド・キュ-バ [ 高橋慎一 ]
価格:1,890円(税込、送料込)



・キューバ案内
旅行情報としての網羅性は非常に高いのですが、何ぶん2001年発行ということで、情報がかなり古いです。個人的には、あまり利用価値はないかなー、と思います。




「チェ・ゲバラ伝」なんかは、キューバに行く予定の無い方にもオススメです。


メキシコシティ / ユナイテッド航空 / 6日間

ハバナ / エア・カナダ / 5日間


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

テオティワカン遺跡に行って来ました。<前編>(メキシコ)


メキシコシティー到着の翌日、
さっそくテオティワカン遺跡へ観光に出かけました。

まだ陽も登っていない早朝にホテルを出発。

PC210113.jpg

ホテルからメトロ3号線、5号線を乗り継いで、
北方面バスターミナル(Autobuses del Norte)へ。

メトロの料金は1回5ペソ。40円くらい。
安くて、とても便利です。

PC210116.jpg

北方面バスターミナル(Autobuses del Norte)の隅っこにある、
Autobus Teotihuacan社のバスで向かいます。

▼北方面バスターミナル
PC210120.jpg

朝から大混雑。

この日は土曜日だったこともあり、
カウンターには長蛇の列ができていました。

▼Autobus Teotihuacan社のチケット売り場
PC210121.jpg

とてもわかり難い場所にありました。

警備員のお兄さんに場所を訪ねたら、
とても親切に場所まで案内してくれました。

バスは、15分置きくらいの頻度で運行していました。
料金は片道42ペソ。320円くらいです。

PC210122.jpg

テオティワカン遺跡のある”Los Piramides”までは、
所要約1時間です。

PC220123.jpg

入場料は57ペソ。435円くらい。

PC220124.jpg

入り口を入ると、広大な遺跡群が広がります。

気球も飛んでいました。

PC220128.jpg

さて、このテオティワカン遺跡、
そもそも一体なんなのか?ってことですが、
紀元前2世紀頃に建造された宗教都市国家なのだそうです。

人口は20万人以上と推定されているそうです。

当時、2万人以上の人口を要する都市は、
東ローマ帝国の首都コンスタンティノープル(現在のイスタンブール)
以外にはなかったそうなので、
このテオティワカン文明が、
いかに栄華を極めていたかがわかります。

そして、このテオティワカン文明、
8世紀になると忽然とこの地球上から姿を消します。

その滅亡の原因は、北方民族の襲来や火山の噴火、
干ばつ、人口爆発の影響など諸説あるそうですが未だ定かではなく、
未解明の謎が今でも数多く残されているそうです。

たまらなくワクワクしますね、そーいうの。

この遺跡が、アステカ人によって
再び発見されたのは14世紀になってから。

アステカ人は、その壮大さから、
この遺跡が人の手によって作られたと信じることができず、
「神々が集う場所=テオティワカン」と名付けたのだそうです。

明日は、そんなテオティワカン遺跡の遺跡群についてご紹介します。

明日に続く


メキシコシティ / ユナイテッド航空 / 6日間

ハバナ / エア・カナダ / 5日間


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

テオティワカン遺跡に行って来ました。<後編>(メキシコ)


昨日の続きです。

このテオティワカンの遺跡、
テオティワカンを南北に貫く「死者の道」を中心に、
巨大なピラミッドや神殿群が無数に並んでいます。

▼「死者の道」
PC220165.jpg

このテオティワカンを南北に貫く「死者の道」、
北から東の方向に15度30分だけ傾いているそうです。

これだけ緻密な都市設計をしたテオティワカン人が、
意味も無く都市の中心線を南北の軸からずらすとは考え難いことから、
その理由も議論の種となっているのだそうです。

プレアデス星団(牡牛座)との関係性を指摘した説、
太陽系の縮図だとする説など、
天文学との関係性を指摘する学説が、
いくつか発表されているそうですよ。

▼「太陽のピラミッド」
PC220167.jpg

高さ65m、底辺の1辺が225m、
「世界で3番目に大きいピラミッド」だそうです。
手すりのある非常に急な階段を登って頂上まで昇ることができます。

PC220157.jpg

あまりに巨大な建造物であることに加え、
標高2240m(富士山五合目くらい)の高地にある遺跡で
空気がとても薄いため、
息が切れて登るのがなかなか大変でした。

PC220163.jpg

人類の手によって建造された巨大な古代遺跡の頂上で、
犬はいったい何を思うのでしょうか。

PC220162.jpg

▼「月のピラミッド」
PC220169.jpg

高さ45m、底辺の1辺が150m、
テオティワカンでは2番目に大きいピラミッドです。
多くの宗教儀式が行われた場所と考えられているそうです。

ココも急な階段で登ることができます。

PC220179.jpg

ここから臨む「死者の道」と「月のピラミッド」は本当に壮観でした。

PC220172.jpg

▼「ケツァルコアトルの神殿」
PC220138.jpg

カラフルな塗料の後がわずかながら未だに残っていて、
極彩色に彩られた当時の建造物の面影を伺うことができます。

PC220135.jpg

広大な遺跡群を、
だいたい2時間くらいかけてゆっくりと見学しました。

遺跡を出た所には、
南国のクリスマスツリーがありました。

PC220183.jpg

サボテンの隣にあるクリスマスツリー。
なかなか情緒溢れていて一興でした。

メキシコシティ / ユナイテッド航空 / 6日間

ハバナ / エア・カナダ / 5日間


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする