2013年10月05日

クロアチアへ

海外を旅行していて出会った人に、
「今まで行った国でよかったのどこですか?」
といった質問をよくするのですが、
わりと多くの人がクロアチアを挙げてくれます。

そんなワケで前から「行ってみたいなー」と思っていたクロアチアですが、
思い切って行ってみることにしました。

ついでに昔から行ってみたかったボスニア・ヘルツェゴビナ、
さらに、けっこう時間もあったのでモンテネグロにも足を伸すことにしました。

日程は、9/13(金)〜9/24(月)。
合計12日間の旅行となりました。

航空券はサーチャージ込みで、202,210円。
出発の約2ヶ月前にi.JTBで買いました。

シルバーウィークだったので、
けっこうお高めのお値段です。

ドイツ経由でザグレブに入り、サラエボからドイツ経由で帰国するプランです。

■往路
・出発 2013年09月13日(金)09:45 東京/成田国際空港発
・到着 2013年09月13日(金)14:30 フランクフルト/フランクフルト国際空港着
LH711便(エコノミークラス)

・出発 2013年09月13日(金)18:00 フランクフルト/フランクフルト国際空港発
・到着 2013年09月13日(金)19:25 ザグレブ/ザグレブ国際空港着
LH6006便(エコノミークラス)

■復路
・出発 2013年09月23日(月)13:10 サラエボ/サラエボ国際空港発
・到着 2013年09月23日(月)14:40 ミュンヘン/ミュンヘン国際空港着
LH1731便(エコノミークラス)

・出発 2013年09月23日(月)16:00 ミュンヘン/ミュンヘン国際空港発
・到着 2013年09月24日(火)10:25 東京/成田国際空港着
LH714便(エコノミークラス)

といった感じです。

往路が18時間弱、復路が14時間強くらいかかった感じですね。

ちなみに、繁忙期ではない6月とかで、
かつ3ヶ月以上前に同じルートの航空券を買う場合
17万円くらいで買えるみたいです。

トルコ航空だと14.5万円とかありました。



LH711便の機材はエアバスA380でした。
総2階建て&ターボファン4発の超大型機です。

↓LH711便(エアバスA380)
P9139701.jpg

9:45成田出発(前日深酒のため、やや二日酔い)

P9139698.jpg

ルフトハンザの機内でビールをお願いしたら、
「WARSTEINER」というビールが出て来ました。

P9139704.jpg

ドイツビールです。絶品でした。
味が濃くて、エビスビールみたいな感じかな。

↓「WARSTEINER」日本でも入手可能です!


途中、フランクフルト国際空港でドイツビールを飲んだりなんかして、、、

↓フランクフルト国際空港のバー
P9139717.jpg

↓絶品ドイツビール「PAULANER」
P9139718.jpg

↓「PAULANER」日本でも入手可能です!


ザグレブにはほぼ予定通りに19時半頃到着。

↓クロアチア航空機@ザグレブ国際空港
P9149729.jpg

ザグレブ国際空港は、とっても小さい空港でした。
たぶん、新潟空港とかくらいじゃないでしょうか。

↓ザグレブ国際空港(イミグレーション)
P9149731.jpg

↓ザグレブ国際空港(バゲージクレーム)
P9149734.jpg

そこからシャトルバスで、
ザグレブ市街へ。

↓空港シャトルバス
P9149735.jpg

20時以降は国際線の到着に合わせて運行しているようです。
ってことで、バスは待ち時間もそれほどなく空港を出発。

↓車内の様子
P9149736.jpg

車内で30Kn(520円くらい)を支払い、
だいたい30分程でザグレブの中央バスターミナルに到着。

↓ザグレブ中央バスターミナル
P9149738.jpg

さらにそこからトラムに10分程乗って、
ホテル最寄りのトラム駅へ。

最後は、徒歩で迷いつつも
ホテルには21時頃到着しました。

到着後、さっそくホテルのお姉さんにスーパーの場所を聞き、
クロアチアビール「Ozujsko」とチーズを買ってきて晩酌♪

P9149740.jpg

ちなみに、クロアチアは今年(2013年)にユーロ圏に加盟したってことで、
お金はユーロしか持って行かなかったのですが、
現地ではほとんどユーロを使えませんでした。

これからクロアチアに行く人は、
しばらく要注意かもしれません。

またクロアチアは、今まで行った他の国々に比べ、
だいぶ国民性が穏やかな印象を受けました。

バスではユーロしか持っていないにもかかわらず、
ボラれることもなくユーロを受け取ってくれたし、
ホテルを探し回っていたら若い男性が声をかけてくれて、
(舌足らずの「イイ感じ」なクロアチア人でした。)
ホテルまで案内してくれたり。

旅の途中でも、怪しげな人がお金を巻き上げるために
声をかけてくるようなこともありませんでした。

安全で美人も多い、いい国でした。

ってことで、明日からザグレブ編です。










[広告]ドブロブニーク / トルコ航空 / 7日間


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

ドラツ青果市場(ザグレブ/クロアチア)


グッドモーニング・ザグレブ!

↓宿泊した「Buzz Hostel 」。一泊約3,000円!
P9149741.jpg

→「Buzz Hostel」を予約する

クロアチア2日目です。

私は、どの街に行っても、
ほぼ必ずと言って良い程、市場に見物に出かけることにしています。

市場で売られている野菜から、
その国や街に住んでいてる人たちの食生活を窺い知ることができますし、
市場に来ている人の服装や表情なんかを見ていると、
なんとなくその国に住んでいる人々の国民性がわかる気がして、
楽しいからです。

ザグレブにも大きな市場がありました。

「ドラツ青果市場」です。
”ザグレブの胃袋”なんて言われているそうです。

市場まではホテルから20分程散歩しながら出かけました。

P9149745.jpg

P9149749.jpg

街の中央にあるイェラチッチ広場のすぐ裏手に
市場の入り口がありました。

↓早朝のイェラチッチ広場。人が少ない。
P9149757.jpg

入り口にはお花屋さんが軒を連ねています。

P9149756.jpg

階段を登ると、野菜を売る赤いテントが並びます。

P9149762.jpg

手編みの籠やレース編み、木製のおもちゃなんかも売っていて、
とってもクロアチアっぽい雰囲気がしました。

P9149763.jpg

↓クロアチアは、ピザなどがよく食べられるので、トマトもたくさん売られています。
P9149775.jpg

↓クロアチアはハンガリーにも面しているので、ハンガリー料理の影響も受けています。ハンガリー料理と言えば、パプリカです。
P9149777.jpg

↓茄子は、スパゲティなどに使われていました。デカい。
P9149783.jpg

↓木工製品も有名なようです。この辺はチェコやドイツの影響?
P9149784.jpg

↓チェコでもよく見かけた、バネがビヨ〜ンってなる木製おもちゃ
P9149785.jpg

市場の入り口には、謎の銅像が。

P9149760.jpg

何の銅像なのかは、ちょっと調べてみたけど解りませんでした。

銅像は、ドラツ青果市場からイェラチッチ広場をグッと見下ろしていました。

P9149759.jpg

この銅像、なんだか、
ジブリアニメに登場する「肝っ玉母さん」みたいな佇まいで、
妙に気に入ってしまいました。


[広告]ドブロブニーク / トルコ航空 / 7日間


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

ザグレブ失恋博物館(ザグレブ/クロアチア)


ザグレブには、
「失恋博物館」というとてもユニークな博物館があると聞いていました。

「世界ふしぎ発見!」でも紹介されていたので、
知っている人もいるかもしれません。

何気に私は、ザグレブ観光の中でも、
この博物館に行くことをハイライトの一つに据えて、
楽しみにしていました。

ということで、さっそく行ってみることにしました。

場所は、昨日紹介したドラツ青果市場のすぐそば。

建物はこんな感じ。

P9149918.jpg

入り口のサインは、とてもオシャレな感じです。

P9149916.jpg

入館料25Kn(450円くらい)を払って入場。

この博物館には、
世界中から集められた失恋に関するアイテムが、
そのエピソードと共に展示されています。

P9149913.jpg

せっかくなので、展示物をいくつか紹介します。

「このガーターベルト、結局、身につけることはなかったわ。もし身に付けていたら、もっと関係が続いたのかも・・・」

P9149903.jpg

「結婚して3年後、旦那が偽物のバストを買って来て、これを装着してSEXさせられたの。今思えば、あの時から関係が怪しくなったわ。」

P9149904.jpg

「遠距離恋愛だったから、色々な航空会社のAir sickness bagがたまっちゃたけど、もう増えることはないのね・・・」

P9149900.jpg

「リトアニアに旅行にいったガールフレンドから、ロシア製のコンドームのおみやげもらったけど、結局、彼女と使うことは無かった。」

P9149906.jpg

「子どもの頃、内戦時に収容所で出会った女の子に渡すために書いたけど渡せなかったラブレターです。」

P9149908.jpg

「前の彼氏が、初めて私を好きって言ってくれた時に、彼が時計のピンを引いて時間を止めたの。それからピンを戻すことはなかったけど、もしその時に、彼と過ごすのが時間のムダだって知っていたら、私はそのピンをすぐに戻して、彼から去っていたのに。」

P9149910.jpg


ちなみに、この博物館のミュージアムショップで一番売れているのは、
「 ”Bad memory eraser” (悪い記憶を消す消しゴム)」なんだそうです。

この博物館のホームページで、
展示品の一部を観ることができます。
http://brokenships.com/en


[広告]ドブロブニーク / トルコ航空 / 7日間


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 22:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

衛兵の交代式(ザグレブ/クロアチア)

様々な歴史的な都市では、
よく「衛兵交代式」を観ることができますが、
これを見物するのも、私の旅行の楽しみのひとつになっています。

なんか、兵隊さんの服装が民族衣装を反映していて面白かったり、
その気合いの「入り具合」、「入ってなさ具合」から、
なんとなく国の平和さを伺い知れたりするからです。

ザグレブの衛兵交代式は土日の正午に行われるようです。
運良く日程が合い、観ることができました。

まずは「石の門」の前で、
馬に乗った、偉そうなおっさん3人の前で、
兵隊さんが何かを宣言。

P9149874.jpg

P9149875.jpg

P9149877.jpg

その後、「聖マルコ教会」まで行進。

P9149880.jpg

「聖マルコ教会」前で整列。

P9149884.jpg

衛兵さんの服装、とてもカッコよろしいです。

向かい合って整列。

P9149888.jpg

下級士官みたいな人は、
片側のマントを開けさせています。なぜか。

その下級士官みたいな人が、
ドラムのリズムに合わせて一人一人の服装をチェック。

P9149890.jpg

その後には、ドラムのリズムに合わせて一人一人の銃をチェック。

さらにその後には、ドラムのリズムに合わせて一人一人のサーベルをチェックします。
やけに念入り。

で、その中の2人が「聖マルコ教会」の前で衛兵の位置に着きます。

P9149895.jpg

目を閉じているのが特徴的でした。

他の人は退散。

P9149894.jpg

残された衛兵2人は、観光客の写真撮影の餌食になっていました。

P9149898.jpg


[広告]ドブロブニーク / トルコ航空 / 7日間


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

見所が少ない?ザグレブ(ザグレブ/クロアチア)


「ザグレブは見所が少ない」とは聞いていましたが、
まさにその通りでした。

1日もあれば、ザグレブの観光名所は、
一通り観て回れてしまいました。

ということで、「その他」の観光スポットを一気にご紹介。


■イェラチッチ広場
旧市街の中心にある広場です。
にぎやかで、ビールを飲みながら人間観察
するのに絶好の場所でした。
ちなみにイェラチッチってのは昔の軍人さんで、
クロアチアの国民的な英雄だそうですが、
調べてもあまり派手な功績は発見できませんでした。

P9149753.jpg

■聖母被昇天大聖堂(ザグレブ大聖堂)
13世紀に建てられたけど、
1880年の大地震で破損したために再建されたそうです。
ザグレブ市のシンボルってことらしいです。

P9149786.jpg

入り口左右の2つの塔は105 mあって、
クロアチアで最も高い建造物なのだそうな。

↓聖堂内でやっちゃダメなことリスト
P9149811.jpg

P9149802.jpg

で、個人的にこの聖堂で興味深かったのは、
「グラゴル文字」を観れたことです。

↓聖堂の壁に大きく書かれたグラゴル文字
P9149792.jpg

「グラゴル文字」とは、スラブ圏最古の文字で、
800年代に作られた文字なのだそうです。

ロシア語などで使われるキリル文字の原型といわれているそうですよ。

なんとなく、ヘブライ語に似てなくもないような気もしますが・・・

↓文字が書かれた壁の左手には、グラゴル文字を考案した司祭の祭壇がありました。
P9149789.jpg


■聖マルコ教会
屋根瓦にクロアチア王国の紋章と、
ザグレブ市の紋章がデザインされてて有名です。
建物自体は13世紀に造られた年代物ですが、
屋根は1800年に造られたそうで、
そんなに古いものではないようです。

P9149828.jpg


■石の門
昔、城壁が火災があった時に残った門だそうです。
その時に、マリア像が灰の中から発見されたそうで、
そのマリア像が中にある礼拝堂に安置されているそうです。
たくさんの人がお祈りしてました。

P9149822.jpg


■ロトルシャチャック塔
旧市街を一望できました。
入館料はひとり20Kn(350円くらい)。

P9149844.jpg

P9149850.jpg

P9149856.jpg

「正午を知らせる大砲」らしいです。
「大音響注意」の張り紙がたくさん張ってありました。

P9149848.jpg

エレベーターは無いので歩いて登りました。


■ネクタイ
クロアチアはネクタイ発祥の地なんだそうです。

P9149821.jpg


■トミスラフ広場
ザグレブ中央駅前にある公園です。
時差ボケで疲れたら、ここで休憩するとよいかもしれません。

P9149927.jpg


■トラム
ザグレブもまた、他のヨーロッパの街と同様に、
トラムの街でした。

P9149932.jpg



[広告]ドブロブニーク / トルコ航空 / 7日間


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする