2012年07月06日

潔く買う

その街に長く滞在できる場合には、
ホテルの近くにクリーニング屋さんを探して、
服や下着などを豪勢にクリーニングに出します。

だいたい、1日もあれば仕上げてくれます。

旅行者は、
街のクリーニング屋さんなんてあまり使わないから、
地元の人の暮らしとかを垣間見れて、
なかなか興味深い物です。

モロッコでクリーニング屋さんを使った時には、
パンツに片っ端から「yuki」と名前を書かれ、
なんだか良い思い出になりました。

しかし、移動が多い旅だと、
服や下着を洗濯をしたり、
クリーニングに出したりする時間が
なかなか取れません。

そんな時は、潔く買います。


ボリビアでは、ほぼ毎日移動をしていたので、
履ける下着がなくなってしまいました。

ということで、
ラパスのナイトマーケットでパンツを買いました。

P5035071.JPG

Gioven Kelvinの緑。

Calvin Kleinの偽物でしょうか。

200円くらいだったと思います。

悪くない履き心地でしたよ。


↓おもしろかったら、毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓






posted by えちご at 00:00 | Comment(0) | 旅の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

外国の料理に飽きたら

私の場合、海外旅行に行くと、
だいたい5日程度で現地の料理に一旦飽きます。

インドに行った時などは、
5日目のアーグラで食中毒になり、
一晩中呻き続けた挙げ句、
その後、体調が戻っても、
一週間くらいカレーを食べれなくなってしまいました。

そんな時は、フルーツを食べます。

チェコ(プラハ)のラズベリー
SANY0365.JPG

スペイン(バルセロナ)のマンゴー
SANY0917.JPG

フルーツばかり食べていると、
そのうちまた、現地の料理が食べたくなります。

インドではバナナを、
ペルーではパイナップルを、
モロッコではリンゴを、
随分とたくさん食べました。

やはりフルーツも、
日本が一番美味しいです。


↓おもしろかったら、毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓



posted by えちご at 01:04 | Comment(0) | 旅の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

その国の衣装を楽しむ(特に女性の)

国によって、衣装はだいぶ違います。

気候、宗教、文化などによって形作られた衣装なので、
とても興味深いです。

↓やはりベトナムはアオザイがよい。(ベトナム:ホーチミン)
Vietnam611.jpg
※日傘も可憐。

↓もう、文句のつけようが無い。(ベトナム:ホーチミン)
Vietnam_pic_675.JPG
※あまりの美フォルムに盗撮。

↓プーノのおばあちゃん(ペルー:プーノ)
P5024933.JPG
※風呂敷の色彩が鮮やか!

↓クスコの伝統的な衣装(ペルー:クスコ)
P4294416.JPG
※写真撮影で約10円を支払いました。

↓山高帽が特徴的なボリビアの衣装(ボリビア:ウユニ)
P5035115.JPG
※スカートの丈の短さも見逃せない!

↓「乗るの?乗んないの?(不機嫌)」(ボリビア:ラパス)
SANY0061.JPG
※スト明けで不機嫌だったと思われる。

↓モロッコの女性はラピュタに出てきそう(モロッコ:エッセウィラ近郊)
P4300390.JPG
※アロガンオイルの生成工場です。ミントティーごちそうになりました。

↓砂漠の民ベルベル人はドラクエに出てきそう(モロッコ:メルズーガ砂漠)
P5030921.JPG
※このお兄さん、フランス語と英語とスペイン語がペラペラでした。

↓セマーダンス(旋舞)を踊るトルコ人(トルコ:イスタンブール)
CIMG2448.JPG
※レストランのセマーダンスショーにて。

↓ニューヨークのユダヤ人(アメリカ:ブルックリン)
CIMG1186.JPG
※ステーキハウス「ピータールーガー」の前で。

↓かわいい女の子の衣装(スペイン:グラナダ)
SANY0356.JPG
※お祭り衣装のようです。

↓スリムパンツにカリメロみたいな帽子(ネパール:カトマンズ)
00630024.JPG
※だいぶお洒落っす。

↓砂漠の街、ジャイプールの女性と子供たち(インド:ジャイプール)
00640019.JPG
※仲良くなったインド人の家に行ったら、「日本人が来た!」といって集まってきた近所の人々。もう15年以上前。

↓アンコールワットで水を売る女の子(カンボジア:シェムリアップ)
00460030.JPG
※カメラを向けたら、ポーズをとってくれました。

↓首長族の女の子(タイ:メーホーソン)
00450016.JPG
※「コマネチ!」など日本語しゃべれました。あ、「コマネチ」は日本語じゃないか。

ちなみに、海外に旅に出かける時は、
「かわいい」「きれい」「愛している」など、
女性を褒める言葉を早く覚えると、
現地の人と仲良くなれるみたいですよ。



↓おもしろかったら、毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓






タグ:衣装 海外
posted by えちご at 00:18 | Comment(0) | 旅の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

旅のiPad活用術 〜其の一「ホテル予約で便利」〜

iPadが一台あるだけで、旅行が随分と便利になります。



iPadがあると、
どのように旅行が便利に、快適になるのか?について、
今日から何回かに分けてご紹介したいと思います。

今回は、
ホテルの予約でiPadを使うと旅が快適になる理由、
についてご紹介します。

私は、海外旅行に出かける時、
ほとんどの場合、最初に宿泊するホテルしか
日本で予約して行きません。

基本的には気ままに旅がしたいので、
先々の予定まで決めてしまいたくないのです。


もし、その街が気に入ったら、
予定を延長してでもその街に留まりたい主義です。

旅先のホテルをあらかじめ決めてしまうと、
この「気ままな旅」をしにくくなる、
というのがホテルを予約して行かない理由です。

でも同時に、
少しでも環境の良いホテルに泊まりたい、
とも思います。

やはり宿泊するホテルによって、
その街の楽しみも、思い出も、
大きく違ってきますから。

そこで私が使う手段は、

その街を出発する前日の夜に、
iPadを使って次に行く街のホテルを探して予約する、

という方法です。

それなりの規模の街や観光地であれば、
大概どんな国でも、
Wi-Fi環境は整備されているようです。

最近行ったボリビアでも、
ホテル、カフェ、レストランなど、
Wi-Fiを使える場所は少なくありませんでした。

私はいつも、その街に到着すると、
ブラブラと街中を散歩しながら、
Wi-Fiが使えるカフェを探します。

Wi-Fiが使えるカフェを発見すると、
そのカフェを行きつけにします。

そして夜な夜なビールを飲みながら、
iPadでインターネットにアクセスして、
twitterやらFacebookやらを更新したりします。

また、次に行く街の調査やホテル予約なんかも
してしまいます。

もちろん、次に行く街のホテルの選定基準の一つは、
「Wi-Fiが完備されていること」です。

この方法なら、
気ままに旅をしつつ、
快適なホテル環境を手に入れることができます。


↓ネットを使って、こんなに素敵な中庭のあるリヤドを予約しましたよ(マラケシュ:モロッコ)
liyad_morocco.jpg

↓こちらも、リマから予約したクスコのホテル(クスコ:ペルー)
P4294372.jpg

↓iPad入手前は、わざわざノートPCを持って行ってました(プラハ:チェコ)
SANY0068.jpg

かなりオススメな方法なので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓



posted by えちご at 21:00 | Comment(0) | 旅の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

旅のiPad活用術 〜其の二「長距離移動で便利」〜

長距離移動時にiPadがあると、ちょっと便利です。

チェコに向かう飛行機は、
あの悪名高きアエロフロートを使いました。

↓悪名高いが機体はカッコいい「アエロフロート」
aeroflot.jpg

ちょっとCAのお姉様たちが威圧的なこと以外は、
思った程サービスも悪くないなぁ、
なんて思ったのも束の間、
パーソナルモニターがしっかりとぶっ壊れていることに気付きました。

CAのお姉様に相談したものの、
何度か再起動を試みた挙げ句、
「ムリだわね、これ」と諦められてしまいました。

「私のせいじゃなし」的なCAの態度が、
流石に旧共産国家ですw

超ヒマだったワケです、
成田からモスクワまでの約10時間半。


↓座席が翼の真上だったため、景色も楽しめないし。。。
aeroflot2.jpg

なんとか、

・本を読む
・ロシア語を覚えてみる
・ヨーロッパの国の場所を覚えてみる
・浴びるようにビールを飲む
・自分のパスポート番号を暗記する

などの方法で10時間半を乗り切ったのですが、
あの時にiPadがあれば随分とヒマを潰せたな、
と思うのです。

↓アエロフロートではデンマークビール「TUBORG」(ツボルグ)を飲む。
tuborg.jpg

↓「TUBORG」(ツボルグ)は楽天でも買えるようです。


ということで、今年の南米旅行の際は、
iPadでエンタメ武装して臨みました。


その時は「超字幕」というアプリが重宝しました。

「超字幕」とは、
日本語と英語字幕が入った映画を見ることができる
英語教材アプリです。

しかもキャンペーン価格で、
「THE DEPARTED」を400円くらいで買えた気がします。
今は一本、1800円くらいなのでそれほど安くないですが、
まあ、英語教材と思えば、悪くないのではないでしょうか。

「超字幕」に興味がわいた方はコチラ
icon

↓AppStoreでアプリを探してみる?
 iTunes Store(Japan)

また、iTunesで映画レンタルという方法もあります。
これなら1本400円。


↓AppStoreで映画を探してみる?
 iTunes Store(Japan)

「パーソナルモニターがあれば映画観れるじゃん」
って話もありますが、
アメリカからペルーの飛行機では、
日本語字幕の映画がほとんどなかったので、
iPadが重宝したというワケです。

また、南米旅行では、
帰国時にボリビアで大規模デモが発生し、
空港までの道路が全て封鎖され、
帰国便に乗れなくなってしまった
ため、
ボリビアからチリを経由して、
ペルーまで約8時間かけて、
短距離路線を2回も乗り継いで、
大移動をするというアクシデントにも
見舞われてしまいました。

この時にも、iPadがあったおかげで、
まあ退屈せずに過ごせました。

↓SKY AIRなるチリの格安航空会社を使って大移動
skyair.jpg

↓乗り継ぎのためだけに降り立ったアリカ空港(チリ)は南国ムード満点
SANY0037_2.jpg

↓こちらも乗り継ぎのためだけに降り立ったアントファガスタ空港(チリ)
SANY0039_2.jpg

南米では、
バスで10時間移動なんてのもザラでしたが、
外国人バックパッカーの多くは、
iPadやKindleで電子書籍を読んでいるようでした。

確かに長期間の旅行では、
本を何冊を持ち歩くのは辛いですからね。

ということで、
特に長距離移動の旅や、長期間の旅、
アエロフロートを使っての旅wでは、
iPadが重宝するかもしれませんよ。


↓amazonでも売ってるみたいですよ。


↓長距離旅行なら、iPad&iPhone用バッテリーも忘れずに!




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓




posted by えちご at 18:09 | Comment(0) | 旅の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする