2012年09月05日

オラ!ボリビア! - コパカバーナ(ボリビア)


ボリビア最初の街、
コパカバーナに到着です。

ここで1時間の休憩だそうなので、
散歩することにしました。

建物の色が明るくて、
とても素敵な雰囲気の街です。

P5034994.jpg

この街には、
とてもステキで立派な教会があるらしいので、
見学に出かけます。

お、これだ!

P5035005.jpg

青空と白い教会のコントラストが素晴らしいです。

P5035002.jpg

P5035007.jpg

教会の前には、
色とりどりのお参りグッズを売る売店がありました。

P5035009.jpg

坂の下にチチカカ湖が広がっています。

P5035023.jpg

まだ時間があるので、
湖にも行ってみます。

おや!アヒルのボートがありますね。

P5035028.jpg

そろそろ集合の時間ってことで、
バスが待機している交差点へ。

小学生が売店でお菓子を買っています。
なんか微笑ましい。

P5035029.jpg

ここで、別のバスに振り替えられます。

この後、いよいよバスが湖を渡るのですが、
その方法がかなりユニークなんです!

明日に続く。



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

橋が架かっていないチチカカ湖をバスで渡る方法 - コパカバーナ近郊(ボリビア)


コパカバーナを出たバスは、
チチカカ湖の前で停まります。

ラパスへ行くためには、
このチチカカ湖を渡らなければなりませんが、
チチカカ湖に橋は架かっていません。

ってことで、ここで下車。

そんで、チケット買って、
船で渡ります。

P5035033.jpg

バスはどうするかというと・・・

そう、バスも船で運ぶんです。

こんな具合に。

P5035032.jpg

バスが船に乗せられて運ばれて行きます。

P5035037.jpg

↓動画でご覧ください!


対岸に渡って、
バスが運ばれてくるまでしばし休憩。

公衆トイレがペルーに比べてとても汚くなりました。
こーいうところに、国力の差って出るんでしょうね。

バスが到着!

P5035042.jpg

このバスに乗って、
さらに4時間走るとボリビアの首都ラパスに到着します。

明日は、魅惑の街、ラパスについて書きますよー。


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

ラパスに到着 - ラパス(ボリビア)


夕方頃、
標高3600mにあるボリビアの首都
ラパスの長距離バスターミナルに到着です。

ラパスの長距離バスターミナルには、
ブエノスアイレスまでのバスチケットが売られていたりして、
ここが南米であるということを改めて感じさせてくれます。

ちなみにラパス−ブエノスアイレスは、
バスで48時間だそうです。。。

↓ラパスの長距離バスターミナル
P5035043.jpg

その足で、ウユニまでの夜行バスを予約しに行きます。

何しろ、ラパスからウユニまでは、
ラパス到着当日の深夜バスで約10時間。

前日、当日とそれぞれ8時間バス移動した上に、
今晩も長時間のバス移動です。
快適なバスじゃないと「バス死」しそうです。

なんでも、トド・ツーリズモって会社のバスが、
値段が高いけどフルリクライニングシートで超快適らしい、
ってことで、トド・ツーリズモのオフィスに向かう事にしました。

あちこちで道を聞いてようやく到着。

超場所がわかり難いビルの上階にありました。

値段が高いと言っても片道33ドル。
10時間の快眠を得るために高い値段ではありません。
(それでも、通常のバスに比べると2倍の値段です。)

ってことで、無事、
ウユニ行きの往復バスチケットを購入することができました。

このバス事務所にバックパックを預かってもらい、
21時の出発時間までラパスの街を散歩する事にしました。

明日に続く。


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

ラパスは素敵タウンだった! - ラパス(ボリビア)


ラパス散歩開始です。

バスがレトロな感じでイカしてます。

P5035050.jpg

街角では、パンが売られています。

P5035052.jpg

そして、人々が何か食ってます。

P5035053.jpg

この発展途上感。
なんとなく、ネパールのカトマンズに似た雰囲気かな?
なんか好きだぞ!この街!

日が暮れてきました。

ナイトマーケットを散策します。

P5035085.jpg

で、こんなツイート。
https://twitter.com/echigo/status/199114004726161408

お、なんかカッチョイイ歩道橋が!

P5035086.jpg

この街、夜は日中以上に良い雰囲気です。

P5035075.jpg

P5035076.jpg

老夫婦も、なんか絵になります。

P5035090.jpg

バスターミナルに戻り、
深夜移動に備えて身支度をします。

↓ラパスの長距離バスターミナル
P5035094.jpg

売店で、水、スナックを買い込みます。

P5035097.jpg

バスターミナルの外に出ると、
街が光に囲まれていることに気付きました。

P5035095.jpg

すり鉢状に作られた街特有の美しい夜景です。
ペルーのクスコもそうでした。

ってことで、いよいよウユニに出発です!

これまた地獄の行程だったワケですが・・・
明日に続きます。


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウユニまでは遠い道のりのだった - ウユニ(ボリビア)


21時にトド・ツーリズモの事務所に集合。

乗客のほとんどは、
南米や北米からの若いバックパッカーたちのようです。

出発してすぐにお弁当(パスタ)とコーヒーが振る舞われましたが、
何しろ出発早々で悪路。

激しく車体が揺れるので、
お弁当を食べるのもコーヒーを飲むのも一苦労です。

隣に座ったブラジル人(パスポートで判別)が、
さっそく舌打ちしまくってますw

大きな道路(高速道路なのかな?)の入り口で、
商店の前に一時停車。

「これから長時間走るから、
ドリンクやスナックを買ってイイよ」
とのこと。

しかし、このバス、かなり揺れます。

やっぱり発展途上国。
道が悪いんですね。

しばらくすると、消灯時間。
バス内のライトが全て消されるんですが、
ヒドい揺れが続くもので、ほとんど眠れません。

ウトウトしても、大きな揺れで起こされる、
ってのの繰り返し。

眠れないから、
おぎやはぎのpodcastとかを聞いてました。

そんなこんなで、気がつくと、
外が明るくなってきました。

↓バスの中はこんな感じ。
P5035104.jpg

窓から外を見ると、
砂漠からの日の出を拝むことができました。

P5035105.jpg

だいぶ明るくなってくると、
バスが砂漠を走っていることに気付きます。

P5035107.jpg

10時間バスに揺られて、
ようやく到着!

P5035109.jpg

睡眠不足の目に、朝日が沁み渡ります。

P5035110.jpg

バスを降りたら、
早速、女性が寄ってきました。

名刺を差し出し、
「ウユニ塩湖ツアーね。行こう。」と言うや否や、
私のバックパックを手に取ります。

どうやら、地球の歩き方に載っている、
「穂高岳旅行社」というツアー会社の人ようです。
(日本語の会社名ですが、スタッフに日本人はいないようです。。。)

まあ、評判も良さそうな旅行会社なので、
その女性に付いて行くことにしました。

続きは、また明日。


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする