2012年11月17日

ウィーンで名物料理を食す - ウィーン(オーストリア)


プラハからウィーンへは、
電車で約4時間の旅でした。

SANY0004.jpg

ホテルにチェックインし、
荷物を整理し、シャワーを浴びたら、
もうランチタイムでした。

ってことで、
ウィーン名物のウィンナーシュニッツェルを食べに出かけることにしました。

調べてみると偶然にもホテルの近くに
美味しいウィンナーシュニッツェルを出す店があるようです。

ウィンナーシュニッツェルとは、
子牛や豚の肉の薄切りを平らに叩いてのばし塩・コショウしたものに、
小麦粉・といた卵・パン粉を付けて揚げた料理。
ウィーン風カツレツといった感じ。

オープンテラスのレストランで食べました。

↓ウィンナーシュニッツェルとウィーン産オッタクリンガービール
SANY0015.jpg

これが超美味い。

クリスピー好き、ビール好きにはたまらない料理。

食後はウィーンを散歩。

王宮。

SANY0021.jpg

まあ、ヨーロッパの王宮って、
どこもだいたい同じだよねー、とアホな感想。

王宮前の通りに、
カッコよろしいモニュメントが。

SANY0033.jpg

シュテファン大聖堂。

SANY0058.jpg

モーツァルトの結婚式と葬儀が行われた場所だそうです。

それからサラ・ブライトマンが、この教会でコンサートしたそうですよ。
どーでもいいですが。

そして、こちらもウィーン名物のザッハートルテも食べてみることに。

どうせならと、
元祖のホテル・ザッハーで食べました。

SANY0053.jpg

甘いものがそれほど好きでもないので、
「まあ普通に甘かったです」くらいの感想で恐縮です。

夜になったら随分と雨が降ってきたので、
路面電車でホテルの近くの駅まで。

SANY0072.jpg

夕食は、
駅のキオスクでビールとフランクフルトを買ってホテルで食べる事に。

SANY0074.jpg

このフランクルトはとても美味かった。

パンの真ん中をくり抜いて
ソーセージを貫通させるという日本では見慣れない代物。

SANY0091.jpg

やはり、ウィーンの食べ物は、
ビールに合います。



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

シェーンブルン宮殿に行ってみる - ウィーン(オーストリア)


正直、西洋史をほとんど勉強していないので、
シェーンブルン宮殿についてほぼ無知状態だったわけですが、
有名と言う事なので行ってみる事にしました。

前日に、Wikipediaなどで予習。
ネットって便利ですね。

なんでも、
あの「パンなかったらケーキ食えばいいじゃん」という
「空気読めない発言」で有名なマリー・アントワネットも
住んでいたたのだそうです、この宮殿に。

それから、
神童って言われていたモーツァルトが6歳の時にこの宮殿に招待され訪れているそうで、
この時宮殿内で転んだモーツァルトをマリー・アントワネットが助け起こしたところ、
モーツァルトが「僕と結婚して」とプロポーズした、という伝説があるそうです。

やっぱ、美人さんだったんですかね、マリー・アントワネット。

シェーンブルン宮殿までは、
ホテルの近くの駅から電車で向かいます。

SANY0162.jpg

↓これがシェーンブルン宮殿。
SANY0127.jpg

中は美術館になっているのですが、
ハプスブルク家はどうもキャラの濃い方が多いようで、
これがなかなか興味深かったです。

なかでもフランツ・ヨーゼフ1世の嫁の
エリーザベトはなかなか興味深い人物のようで、

・幼少の頃に、身分の高い公爵と公女であるにも関わらず、父親と街に出かけて、チター奏者に扮した父の傍らでチップを貰う少女に扮して遊ぶ
・宮廷の厳格さに耐えられず、様々な口実を見つけてはウィーンから逃避しまくる
・超ナルシストで、宮殿内にジム設備を設置する
・息子ルドルフ皇太子が自殺してから、死ぬまで喪服を着続ける
・超ハンガリーが好き
・最後はイタリア人に、ヤスリで心臓を突かれて暗殺される

など、なかなか変人のようでした。

で、庭が超広い。

SANY0156.jpg

庭にはリスがいました。

SANY0152.jpg

庭に丘があって、
その丘から宮殿を見下ろせるスケール感。

SANY0143.jpg

シェーンブルン宮殿の中の博物館には、
日本語の音声ガイドもあり、
思ったより楽しめました。



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

フンデルトヴァッサーの「クンストハウス」を見物する - ウィーン(オーストリア)


「ウィーンのガウディ」とか言われているらしい、
フンデルトヴァッサーっていうウィーンの芸術家がデザインした
集団住宅と美術館があるとのことなので、見物に出かけました。

路面電車を乗り継いで、まずは美術館の方へ。
「クンストハウス」という建築だそうです。

SANY0178.jpg

急に変なデザインの建物が現れました。

SANY0181.jpg

噂通り、だいぶ奇抜な建物です。

SANY0184.jpg

悪ふざけみたいな佇まいですが、

SANY0182.jpg

かなり可愛らしくて良いです。

紙粘土で作った建物みたいです。

階段も歪んでいてヘンテコです。

SANY0192.jpg

中はフンデルトヴァッサーさんの美術館になっていました。

SANY0191.jpg

このフンデルトヴァッサーさんの作品、
日本にもいくつかあるそうです。

大阪にあるゴミ処理場も彼の作品だそうです。

↓これのようです。大阪市環境局舞洲工場って建物。
kengaku_02.jpeg

なるほどですね。



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

フンデルトヴァッサーの「フンデルトヴァッサー ハウス」を見物する - ウィーン(オーストリア)


「クンストハウス」の後に向かったのが、
集団住宅の「フンデルトヴァッサー ハウス」です。

「クンストハウス」から徒歩5分くらいでした。

SANY0202.jpg

コチラは、「クンストハウス」に比べて、
さらにカラフルです。

SANY0206.jpg

SANY0214.jpg

緑化に特にこだわりを持っていたようで、
建物から植物がニョキニョキ生えていました。

SANY0220.jpg

中には、飲食店もありました。

SANY0212.jpg

いまでも人が住んでいるそうですよ。



この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

ウィーンの野外市場を見物する - ウィーン(オーストリア)


ウィーンにも大きな野外市場、
「ナッシュマルクト」というのがあるそうなので行ってみました。

市場の入り口には、
大好きなセガフレッド・ザネッティが。

SANY0113.jpg

フルーツがたくさん売られています。

SANY0243.jpg

SANY0242.jpg

SANY0240.jpg

SANY0247.jpg

オリーブも。

SANY0249.jpg

こちらはスパイス。

SANY0241.jpg

SANY0244.jpg

カフェやバーもあって、とても楽しい雰囲気でした。

SANY0250.jpg

美人さんがいらっしゃったので撮影。

SANY0251.jpg

やはり市場は楽しいです。

ポニョやってました。

SANY0239.jpg


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします (byサイトウ)↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村



posted by えちご at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする