2016年11月06日

イスラム教国家のイランにもキリスト教の教会があった!(エスファハーン/イラン)


ガチガチのイスラム教シーア派国家イランですが、意外や意外、ゾロアスター教、ユダヤ教、キリスト教は厳しい制限つきながらも信教の自由が認められているのだそうです。

そんなこともあり、ここエスファハーンには、アルメニア正教の教会「ヴァーンク教会」がありました。

なんでも、サファヴィー朝の時代、16世紀から17世紀にかけてエスファハーン造営を目的に動員されたアルメニア人のために造られた教会だそうです。

サファヴィー朝のアッバース1世さん、この立派なエスファハーンを造るにあたって、優れた職人さんや商人さんを大量にアルメニアから連れてきたのだそうで。

で、そんなアルメニア人が住まわされていたのが、イマーム広場からザーヤンデ川を挟んで対岸に位置する場所にあるジョルファー地区であり、そのジョルファー地区にヴァーンク教会はあるのです。

ってことで、宗教の歴史と建築に目がない私ですから、行ってみることにしました。

ジョルファー地区へはバスでも行けるそうですが、天気も良かったので歩いて向かいました。

ホテルからザーヤンデ川までは15分ほど。

市民の憩いの場「スィー・オ・セ橋」を渡って対岸へ向かいます。

P5043723.jpg

↓母親のチャードルに入り込んで遊ぶ兄弟
P5043732.jpg

スィー・オ・セ橋を渡ったら右折して川沿いを進みます。

P5043736.jpg

途中、川沿いでピクニック中のイラニアン・ボーイズが「中国人だー!」といって駆け寄って来ました。

P5043739.jpg

で、カメラを向けるとなぜか「江南スタイル」のポーズ。

P5043737.jpg

江南スタイルは韓国人の曲だし、僕は中国人じゃなくて日本人だよ、イラニアン・ボーイズ。

しかし、ここイランではyoutubeは規制対象になっていて観ることができないんだけど、彼ら、なんで江南スタイルなんて知ってるのかなぁ。

でスィー・オ・セ橋から歩くこと約20分、ヴァーンク教会に到着です。

P5043759.jpg

入場料は20万リアル。日本円だと650円くらいです。

P5043757.jpg

教会の中は、見事なフレスコ画で埋め尽くされています。

P5043772.jpg

聖書に登場するシーンの数々。

P5043776.jpg

なんか迫害の時代のフレスコ画が多い印象。

P5043789.jpg

P5043786.jpg

P5043787.jpg

P5043791.jpg

特に「最後の審判」の絵は圧巻でした。

P5043773.jpg

で、教会には博物館が併設されています。

ここもかなり見所満載。

古い聖書や福音書なんかが多数展示してあります。

P5043797.jpg

P5043798.jpg

コチラは、なんと世界最小サイズの聖書。

IMG_5412.jpg

わずか0.7mgとのこと。

なんでも「世界最小の本」だそうですよ。

14ページあって、7言語(英語、アルメニア語、ドイツ語、オランダ語、スペイン語、スウェーデン語、フランス語)でキリストの祈りの言葉が書かれているそうです。


博物館の一角で、なにやら顕微鏡を覗き込む人が。

P5043803.jpg

コチラは、聖書の一節が彫刻された毛髪なんだそうです。

P5043805.jpg

小さすぎるので顕微鏡で見ます。

P5043804.jpg

1974年にテヘランで発見されたものだそうですが、こんな小さいもの、どうやって発見されたんでしょうかねぇ。

→amazonで「イラン」を探す
→楽天市場で「イラン」を探す
→スカイスキャナーで「イラン」の格安航空券を探す




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 18:24 | Comment(6) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!!
随分長い間UPがないので心配しておりました。
お元気そうでよかったです。
今回も充実の記事有難うございます!!
Posted by しゅくらむ at 2016年11月06日 19:29
コメントありがとうございます!

実はプライベートがバタバタしていたりで、あまり執筆意欲が沸きませんで…

年末にスリランカへの旅行を決め、イラン編も書ききらねばと、本日一念発起した次第です。

しゅくらむさんは、相変わらず意欲的に投稿を続けているようで。

記事を楽しませていただきます!
Posted by えちご at 2016年11月06日 20:22
ご無沙汰しております!いつも貴重な体験ルポ有難うございます💝

今回のイランのキリスト教会も興味津々で拝見しました!

ところでご相談させて下さい。
今回の記事と、昨年の
「イスラム教徒が祝うクリスマス(ベツレヘム/パレスチナ)」
• 2015/01/30 19:00
について、拙ブログにてご紹介させていただいても良いでしょうか??
特に、サンタクロースに扮したパレスチナの若者がキャンディを配る写真など、雰囲気が伝わる光景の写真を拝借出来ると大変有難いです。もちろん、「photo by えちごさん」のクレジットは全てに入れさせていただきます。

お手すきの折にお返事いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
今日も良い旅を🍀
Posted by しゅくらむ at 2016年12月22日 12:57
きゃーーコメントがダブっていて失礼いたしました!!
違う記事にコメントしようとした文章が混じってしまいました。お恥ずかしい…何卒お許しくださいm( )m
Posted by しゅくらむ at 2016年12月23日 11:56
ありがとうございます!

写真、ぜひ使ってください!
Posted by えちご at 2016年12月23日 13:25
わー早速のご快諾有難うございます!
感謝いたします
掲載したらまたご報告させていただきますね〜💚
Posted by しゅくらむ at 2016年12月23日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック