2016年08月16日

イランで最初の高層建築「アーリー・ガープー宮殿」(エスファハーン/イラン)


エマーム広場に面して建っているアーリー・ガープー宮殿。

P5064209.jpg

「イランで最初の高層建築」なんて呼ばれているそうで、7階建てで造られています。

壁にはホメイニ師、ハメネイ師の両最高指導者の肖像画が。

↓ホメイニ師
P5064200.jpg

↓ハメネイ師
P5064201.jpg

この7階建ての建物が建てられたのが、サファヴィー朝のアッバース2世の時代ということなので1600年代だと思われます。

日本で1600年代といえば江戸時代初期。

名古屋城なんかが造られていたわけですが、こちらは5階建てなので、アーリー・ガープー宮殿の方が「高層」ということになるかもしれません。

もっとも名古屋城は、18階建てのビルの高さに相当するそうなので、建物の高さは名古屋城の方が圧倒的に高いようですが。

この建物の役割は、王宮への「大門」であり、広場に面した「観閲場」であり、王室の「迎賓館」だったそうです。

↓人気の観光スポットだけあって、入り口も混雑
P5043866.jpg

このアーリー・ガープー宮殿、何しろ「高層建築」ってことで、バルコニーからの眺めがとても良いです。

眼下にエマーム広場、正面にマスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー、右奥にマスジェデ・エマームを眺めることができます。

↓エマーム広場
P5043844.jpg

↓マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー
P5043862.jpg

↓マスジェデ・エマーム
P5043852.jpg

当時の王様は、このバルコニーから、エマーム広場で行われるポロを観覧したのだとか。

絶好の写真撮影スポットとあって、チャードルを着たイラン人もセルフィーや記念撮影に余念がありません。

IMG_5420.jpg

P5043855.jpg

P5043846.jpg

このアーリー・ガープー宮殿の見所は、最上階にある音楽堂「陶磁器の間」。

天井に装飾された穴は、音の反響を防ぐために施されたものだそうです。

P5043839.jpg

P5043837.jpg

写真撮影スポットとして、ぜひ訪れたい場所です。


→amazonで「イラン」を探す
→楽天市場で「イラン」を探す
→スカイスキャナーで「イラン」の格安航空券を探す




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村



posted by えちご at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。