2016年05月19日

ヤヤこしいわっ! イランの通貨と物価(イラン/テヘラン)


イランに入国して、まずは両替です。

だいたい空港の両替レートは悪いので、50ユーロ分だけ両替。

ここで最初のハードルが立ちはだかりました。

何しろイランは超インフレ国家。

50ユーロを両替すると、160万リアルくらいになります。

お札の数字の数が多すぎて、よくわからないw

しかも、1年単位でインフレが進むから、「地球の歩き方」が全然あてにならないw

もうね、「地球の歩き方」に書かれている物価の2倍とかするから、いろいろな物の値段が、妥当なのかボラれているのか判断が付き難い!

空港を出て、タクシーのおっさんがやってきて、タクシーの交渉をするも、ホテルまでは「75thousand」だと。

これ「75thousand=7.5万リアル」って思うじゃないですか。

これだと270円くらいなんですよ。

でも、ホテルについたら、それは「75万リアル=2,700円くらい」だったことが判明して。

ややこしいのが、イランは「トマン」と「リアル」という貨幣単位があることでして。

1トマン=10リアルなんですけど、お札には、リアルの単位で書かれているワケなんです。

で、イランの人々が値段を言うときには、「リアル」では無く「トマン」の単位で言うことが多いのです。

そんなこともあって、「75thousand=7.5万リアル」ではなく「75thousand=7.5万トマン×10=75万リアル」となるワケです。

ヤヤこしいわっ!

結局、この通貨マジックみたいなのに苦しめられて、旅の前半はもう、ボラれてるんだか、ボラれてないんだか解らない感じで、「あ、さっきボラれたんじゃん!」とか思って一瞬怒るんだけど、よく考えると妥当な値段だったりして。

かなり右往左往させられました。

初日は、「Iran Central Hotel」に宿泊。

P4292773.jpg

このホテルだけは日本から予約しておきました。

一泊50ドルです。

ホテルには、ハメネイ師の写真が。そしてそのバックにはホメイニ師の写真。

P4292777.jpg

そして部屋番号の表記が算用数字ではなく、ペルシャ語表記。

「イラン来た」って感じです。

シャワーを浴びて、ホテルの周りをちょっと散歩。

テヘランの街の最初の印象は、「バイクが多い!車が多い!人が多い!クラクションがうるさい!」。

ホテルの近くにあったフルーツジューススタンドに多くの人が群がっていたので、私もならんでバナナシェイクを注文。

P4292776.jpg

これは「3,000トマン」。なんで「3万リアル=110円くらい」。

これはかなり美味しかった!

ベンチに座って飲んでいたら、隣のイラン人に英語で話しかけられたりして。

何より他人との間の垣根が低いのが、イスラム圏の旅の楽しさ。

否応なしに旅情が掻き立てられた、そんなイラン初日の夜なのでした。

→amazonで「イラン」を探す
→楽天市場で「イラン」を探す
→スカイスキャナーで「イラン」の格安航空券を探す




この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437911714

この記事へのトラックバック