2016年03月06日

「the bull is not killed(牛は殺されない!)」(ナザレ/ポルトガル)


オ・シティーオには、旧市街らしく闘牛場もありました。

PC291087.jpg

ポルトガルの闘牛は、スペインのそれと違い、牛を殺さないのが特徴だそうです。

ポスターにも「the bull is not killed(牛は殺されない!)」って、なんだか誇らしげに書いてあります。

PC291088.jpg

これは18世紀前半から、法令で定められているのだそうです。

「スペイン人は残酷だから牛を殺すけど、ポルトガル人は優しいから牛を殺さない」

なんてことも言われるそうですが、実際にスペインとポルトガルの両国を旅してみて、確かにポルトガル人は穏やかで物静かな人が多い印象があります。

スペイン人は植民地支配した南米などの国々で虐殺しまくって文明を滅ぼしていますが、ポルトガル人に最初に発見された日本はそんなことはありませんでした。

これは、「神風」と並んで、日本という国がラッキーだったことを示す歴史的事実という気がします。

ちなみに闘牛のシーズンは復活祭(イースター)から10月末までということで、私が訪れた12月には開催されていませんでした。

夏にナザレを訪れる方は、この「牛を殺さない」闘牛を観てみてはいかがでしょうか。

PC291089.jpg

夏に訪れればとても賑やかであろうオ・シティーオですが、この時期はとても閑散としていました。

PC291093.jpg

それでも、いつも遠くに波の音が聞こえる街の風景は美しく。

PC291098.jpg

丘の上から望む冬のナザレの青い夜景も、とても幻想的で美しいものでした。

PC291097.jpg

これもこれで、ヨーロッパの田舎国ポルトガルの哀愁を感じられて、なかなか風情があります。



→amazonで「ポルトガル」を探す
→楽天市場で「ポルトガル」を探す
→スカイスキャナーで「ポルトガル」の航空券をチェック
スカイスキャナー








この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 10:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボンジュール
素敵なサイトですね。
昨日、出逢いましたので
少し浸らせていただきます。
メルシ
Posted by lavie7 at 2016年03月22日 08:37
ありがとうございます!楽しんでいただけると嬉しいです。
Posted by サイトウ at 2016年03月27日 09:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック