2015年10月11日

タシケントの地下鉄に乗ってみた(タシケント/ウズベキスタン)


ウズベキスタン最終日!

この日は、前日から15時間くらい寝たこともあって、風邪もすっかり治っている様子です。

体が軽い!

前日はほとんどフルーツしか食べてなかったこともあって、朝起きると腹ペコ。

ホテルでビュッフェの朝食をモリモリ食べながらタシケントの観光計画を練りました。

10時頃には荷物をまとめてチェックアウト。

バックパックをホテルに預かってもらって、さっそくタシケント観光開始です。

まず向かったのは、ホテルの真隣りにあるアミール・ティムール博物館。

青いドーム屋根が特徴的な綺麗な博物館です。

P8169780.jpg

ティムール朝の歴史や、今のウズベキスタンの大統領イスラム・カリモフに関する展示なんかもありました。

↓やたら豪華な内装のアミール・ティムール博物館。
IMG_4366.jpg

↓たぶんカリモフの功績なんかを称えた絵画。ちょっと怖い。
IMG_4365.jpg

博物館見学の後はチョルスー・バザールに向かいます。

「チョルスー・バザール」はタシケント最大のバザールです。

バザールまでは地下鉄で向かいました。

タシケントの地下鉄は4路線で構成されていますが、シンプルな作りなのでとても使い易い交通手段です。

↓タシケント地下鉄の路線図
Metro_uz.jpg

値段も一律1000スム(0.24ドル程度)と、とても安価。

地下鉄は重要な軍事施設ということで、構内での撮影は禁止されていました。

地下鉄の入り口には警察官が立っていて、荷物を持っている人は手荷物検査を受けます。

↓地下鉄の入り口
P8169776.jpg

私は外国人なので、パスポートチェックもありました。

改札をくぐる前にチケットカウンターで1000スムを出して、「ジェトン」というドンジャラのコインみたいなものを購入します。

↓ジェトン
IMG_4364.jpg

このジェトンを自動改札に入れると改札を通ることができます。

そして、自動改札を通った先でも、2人の警察官による手荷物検査&パスポートチェック。

金属探知を使って手荷物を検査し、パスポートやビザをチェックされ、帰国便に関する質問などもされました。

けっこうマジメに仕事してます、ウズベキスタンの警察官。

ようやく構内に入り、旧共産圏特有の超長いエスカレーターを降りると、駅のホームです。

タシケントの地下鉄駅はどの駅も、モスクワの地下鉄駅のようにとても美しい装飾がされていただけに、写真撮影できなかったのはとても残念でした。


Expediaで「ウズベキスタンホテル」を予約する


→エイビーロードでウズベキスタンへのツアーを探す
→H.I.S.でウズベキスタンへのツアーを探す
→amazonで「ウズベキスタン」を探す
→楽天市場で「ウズベキスタン」を探す


この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウズベキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。