2016年01月10日

ヨーロッパの穴場!ポルトガルに行ってきました。


2015年の年末から2016年の年始にかけて、アラブ首長国連邦(UAE)を経由してポルトガルに行ってきました。

PC301478.jpg

今回の旅行先にポルトガルを選んだのには、

・航空券の値段が比較的手ごろ
・日本から遠過ぎない
・冬でも比較的暖かい
・物価が比較的安い
・世界遺産が多い

といった理由がありました。

■航空券の値段が比較的手ごろ
航空券ですが、燃油サーチャージ込みで152,299円。当初はブラジル・アルゼンチンあたりも考えていましたが、航空券が30万円以上もするためあえなく断念しました。南半球は12〜1月がオンシーズンですからね。。。

lin_worldMap.jpg


■日本から遠過ぎない
ポルトガルまでの移動時間は飛行機の搭乗時間だけだと、往路20時間35分、復路17時間でした。もっとも往路は約24時間の乗り継ぎ時間があったのでドバイ観光&ドバイ宿泊、復路はドバイの空港で約7時間の乗り継ぎ時間があったので、実際の移動時間は24時間〜44時間半かかったことになります。エミレーツの場合、ドバイからポルトガルへの乗り継ぎはあまり便利ではないようです。

↓エミレーツ航空を使いドバイ経由で渡航
PC240190.jpg


■冬でも比較的暖かい
気温ですが、東京とほぼ同じくらい。12〜1月のポルトガル滞在期間中は9〜17度くらいなので、比較的過ごしやすいと言えます。実際、コートを着ていれば寒いと感じることはありませんでした。ただ、ポルトガルのこの時期は雨季。ホント雨には悩まされました。できれば青空バックの垢抜けた写真をたくさん撮りたかったのですが・・・

↓ノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会には椰子の木が
PC291092.jpg


■物価が比較的安い
物価は、概ね日本の1/3〜2/3くらいの感じでした。特にアルコール飲料が安いのが良いです。ビールは1ユーロくらい、ワインはボトルで2ユーロくらいから買えるので、その点で滞在費を抑えられます。宿泊費も、街の中心にあるホテルのドミトリーで10ユーロくらいからありました。交通費は、もっとも長距離の移動だったリスボン→ポルト間の急行電車移動(約3時間半)で24.3ユーロって感じです。

↓ビールは1ユーロ程度
PC260421.jpg


■世界遺産が多い
世界遺産ですが、ポルトガルには2015年時点で15の世界遺産があります。今回の旅はでは、このうち10(リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔、ポルト歴史地区、ギマランイス歴史地区、ブラガ歴史地区、コインブラ大学-アルタとソフィア、アルコバッサ修道院、バターリャ修道院、エヴォラ歴史地区、シントラの文化的景観、トマールのキリスト教修道院)を巡ることができました。

2015年 世界遺産 国別 登録数ランキング(ポルトガルは17位)

↓世界遺産「ポルト歴史地区」
PC260379.jpg



明日は、今回の旅程についてです。

→amazonで「ポルトガル」を探す
→楽天市場で「ポルトガル」を探す









この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 11:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

旅のスケジュール(アラブ首長国連邦/ポルトガル)


今回は、2015年12月23日〜2016年1月5日までの14日間の旅でした。

訪問したのはアラブ首長国連邦(UAE)とポルトガルの2ヶ国。

アラブ首長国連邦(UAE)はトランジットのため約24時間の短期滞在です。

旅の日記を始める前に、まずは今回の旅程をざっと以下にまとめてみます。

■Day1(2015/12/23)出発+ドバイ観光
エミレーツ航空EK-313便にて羽田国際空港を00:30に出発。
ドバイ国際空港に07:20に到着。移動時間は11時間50分。
ドバイコネクトで無料アテンドされたホテルにチェックインし、その後まるっと1日のドバイ観光。
ドバイ泊(Copthorne Airport Hotel)。

↓ブルジュ・ハリファ
PC230120.jpg


■Day2(2015/12/24)移動+リスボン観光
エミレーツ航空E-191便にてドバイ国際空港を07:15に出発。
リスボン国際空港に12:00に到着。移動時間は8時間45分。
半日のリスボン観光。
リスボン泊(Oasis Backpackers’ Mansion Lisboa)。

↓リスボン バイシャ地区
PC301478.jpg


■Day3(2015/12/25)移動+ポルト観光
11:30の急行電車にてポルトに移動。
14時間頃にポルトに到着し半日のポルト観光。
ポルト泊(Tattva Design Hostel)。

↓ドン・ルイス1世橋から見下ろすドウロ川とポルトの街並み
PC260379.jpg


■Day4(2015/12/26)ポルト観光
終日ポルト観光。
ポルト泊(Tattva Design Hostel)。

↓ドウロ川河岸
PC260522.jpg


■Day5(2015/12/27)ギマランイス、ブラガ観光
バスにてポルトからギマランイスに移動(50分)してギマランイス観光。
その後、バスにてギマランイスからブラガに移動(50分)してブラガ観光。
ポルト泊(Tattva Design Hostel)。

↓ボン・ジェズス教会
PC270828.jpg


■Day6(2015/12/28)コインブラ、ナザレ観光
バスにてポルトからコインブラに移動(2時間)してコインブラ観光。
その後、バスにてコインブラからナザレに移動(2時間)してナザレ観光。
ナザレ泊(Nazare Hostel)。

↓ナザレの海岸線
PC291097.jpg


■Day7(2015/12/29)アルコバサ、バターリャ観光
バスにてナザレからアルコバサに移動(20分)してアルコバサ観光。
その後、バスにてアルコバサからバターリャに移動(30分)してバターリャ観光。
さらにバターリャからナザレに戻り、ナザレからリスボンまでバスで移動(2時間)。
リスボン泊(Golden Tram 242 Lisonne Hostel

↓バターリャ修道院
PC291343.jpg


■Day8(2015/12/30)エヴォラ観光
バスにてリスボンからエヴォラに移動(90分)してエヴォラ観光。
リスボン泊(Golden Tram 242 Lisonne Hostel

↓サン・フランシスコ教会の人骨堂
PC311632.jpg


■Day9(2015/12/31)シントラ、ロカ岬観光
電車にてリスボンからシントラに移動(60分)してシントラ観光。
その後、バスにてシントラからロカ岬に移動(35分)してロカ岬観光。
リスボン泊(Golden Tram 242 Lisonne Hostel)。

↓ペーナ宮殿
PC311761.jpg


■Day10(2016/1/1)ファティマ観光
バスにてリスボンからファティマに移動(1時間30分)してファティマ観光。
リスボン泊(Golden Tram 242 Lisonne Hostel)。

↓ファティマ大聖堂
P1012088.jpg


■Day11(2016/1/2)トマール観光
バスにてリスボンからトマールに移動(1時間45分)してトマール観光。
リスボン泊(Golden Tram 242 Lisonne Hostel)。

↓トマールのキリスト教修道院
P1022334.jpg


■Day12(2016/1/3)リスボン観光
終日リスボン観光。
リスボン泊(Golden Tram 242 Lisonne Hostel)。

↓ジェロニモス修道院
P1042580.jpg


■Day13(2016/1/4)帰国
エミレーツ航空EK-192便にてリスボン国際空港を13:35に出発。

■Day14(2016/1/5)帰国
ドバイ国際空港に01:15に到着。移動時間は7時間40分。
エミレーツ航空EK-312便にてドバイ国際空港を08:25に出発。
羽田国際空港に22:45に到着。移動時間は9時間20分。

14日間フル活用のやや強行軍な日程となりましたが、10個もの世界遺産を観ることができて、とても満足いく旅程を組むことができました。


→amazonで「ポルトガル」を探す
→楽天市場で「ポルトガル」を探す









この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村
posted by えちご at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

アラブ首長国連邦ってどんな国?(アラブ首長国連邦(UAE))


これまでの旅で、エミレーツ航空を使うことが多かったため、ドバイ国際空港はもう10回ほど利用したことがありましたが、いつもトランジットばかりで入国したことはありませんでした。

PC230064.jpg

今回の旅の目的地をポルトガルに決めた後、いくつか航空券を検索していると、ドバイで24時間トランジットの比較的安い航空券を発見。

そんなこともないとUAEに入国する機会もなさそうなので、「せっかくの機会」とこの航空券を購入。

かくして11回目のドバイ渡航にして、初めてUAE入国となりました。

サッカーとかでよく日本と対戦しているイメージのUAE。

UAEって言うけど、我々の世代としては「アラブ首長国連邦」って言われた方が「あーっ」ってなります。

UAEは「首長国連邦」の名の通り、7つの首長国からなる連邦国家です。

PC230071.jpg

オイルマネーで潤いまくっている国というイメージですが、2014年の国民一人当たりGDPは世界で23位。日本は27位なので日本よりも「経済的に豊か」ってことになるんでしょうかね。

なんでもUAEの全住民に対する国民の割合が20%ってことなんで(インドなどからの出稼ぎ労働者が多いんですね)、国民一人当たりの平均GDPにすると随分と高くなるってことのようです。

PC240176.jpg

それでもやっぱり豊かな国ってことには変わりはないようで、国公立の学校であれば小学校から大学まで、なんと学費は無料!

イスラム教のイメージが強いUAEですが、やはり出稼ぎ労働者も多いことから信教の自由は認められているそうです。

イスラム教の戒律の厳格さについては各首長国によって違いがあるそうで、ドバイ首長国に関しては、イスラム圏の女性が着ているアバーヤを着る義務もないそうですし、お酒も買って飲むことができました(といってもお酒を買える場所はかなり限られていましたが・・・)。

PC240180.jpg

ちなみにUAEとしては石油の原産国としてオイルマネーの恩恵に預かっていますが、意外や意外、ドバイ首長国については石油があまり採れません。

それでも豊かな要因は、産業の多角化を推し進め、金融と流通、観光の分野で大きく財をなしたからなんだそうです。

ドバイの人たたち、賢いんですね。

明日からは、そんなドバイの様子をお伝えします。


→amazonで「ポルトガル」を探す
→楽天市場で「ポルトガル」を探す









この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


posted by えちご at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アラブ首長国連邦(UAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

ドバイコネクトが便利だった(ドバイ首長国(UAE))


ドバイ国際空港に到着したのは07:30。

エミレーツのサービスカウンターに出向いて、ドバイコネクトを利用。
※ドバイコネクトについてはこちらに記事があります

空港からホテルまでは無料のシャトルバスで向かいます。

PC240183.jpg

ホテルへは10分ほどで到着。

エミレーツ航空さんに無料で手配していただいたのは「Copthorne Airport Hotel」。

PC230047.jpg

ちゃんと立派なホテルです。

PC230045.jpg

翌朝のフライト時間の確認から、モーニングコールの時間、シャトルバスの時間まで、全てシステマチックに組まれていて、英語での複雑な会話は一切不要。

3食分のフードバウチャーも付いてますし(1食分しか使いませんでしたけど)。

「ドバイコネクト」、また利用したいサービスです。


→amazonで「ポルトガル」を探す
→楽天市場で「ポルトガル」を探す









この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アラブ首長国連邦(UAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

ドバイの下町巡り(ドバイ首長国/UAE)


バブリーなイメージが強いドバイですが、ちゃんと昔ながらのアラブ圏の雰囲気も残っていて、なかなか魅力的な街でした。

まずメトロに乗って向かったのがスーク(市場)巡り。

↓メトロの駅。全ての駅が同じデザインなんだとか。
PC230050.jpg

ドバイには、ゴールドスーク、テキスタイルスーク、スパイススークなどいくつかのスークがあるそうです。

↓ゴールドスーク
PC230055.jpg

↓金の為替レートを示す電光掲示板
PC230058.jpg

どのスークも、イスタンブールやカイロ、アンマンなどのスークほどの規模も活気も無くて、ちょっと期待はずれ。

まあそれでも「アラブ感」を味わえる場所ではありました。

ドバイの街の中心にはドバイ・クリーク川という大きな運河が流れています。

この運河の両岸を渡し船が通っているのですが、個人的にはこれが楽しかった。

PC230076.jpg

運賃はわずか1DHS(33円くらい) 。

あ、ちなみにUAEの通貨単位は「ディルハム」。
DHSと表現します。

乗船すると、船頭さんが船の縁を歩き回って一人一人からお金を回収。

20人乗りくらいの小さな木製の船の真ん中に操舵装置みたいなのが付いていて、船頭さんはそれを操って対岸まで船を渡してくれます。

PC230081.jpg

船に取り付けられた小さなエンジンが「トゥクトゥクトゥクトゥク」と音を鳴らしながら川面を進む様子は、とっても愛嬌がありました。

昼食は、適当な食堂が見つからなかったため(ドバイって外食できる場所が少ないのかな・・・)、マクドナルドで。

目的は、アラブ圏に旅行すると毎回必ず食べることにしている「マックアラビア」のセット。

PC230069.jpg

これがなかなか美味いんです。

値段は22DHS。だいた720円くらい。

なんか高い!日本のマックよりも高い!

ドバイの物価の感じ、よくわからんです・・・

→amazonで「ポルトガル」を探す
→楽天市場で「ポルトガル」を探す









この記事が面白かったら…
↓毎日ポチッと協力お願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

posted by えちご at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アラブ首長国連邦(UAE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする